サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
プロミスの返済は様々な方法で便利に手軽に行える

借りたお金を返すための返済

プロミスでもどこでもそうですが、借りたお金はしっかりと返さなければなりません。キャッシングの場合には借りた元金に加えて利息の支払いもありますので、しっかりと考えて借りないと、思った以上に返済負担が大きくなってしまう場合があります。

返済の方法についても良く確認をしておくべきで、考えていた返済方法が取れない金融会社で借りてしまったりすると、手間がかかって返済が遅れてしまい、通常の金利よりも高い遅延損害金が発生し、返済負担が更に大きくなってしまう状況に陥ってしまいます。

返済が遅れる場合でも、数日程度なら連絡をすればそこまで大きな問題とはなりませんが、それでもプラスになる要素は一切ありません。出来ることなら遅れないように返済をするのが基本となりますので、返済の方法については借りる手順よりも重視しておくべきであるとも言えます。

豊富に用意されているプロミスの返済方法

ATM以外にも様々な返済方法がある

消費者金融側としてもお金をスムーズに返してもらわなければならないため、大手のサービスとなるほどに豊富な返済方法を用意しているものです。

誰もが一度は聞いたことのあるプロミスの場合でも、カードを使ったATMでの返済のほか、銀行口座を使ったもの、インターネットを使うものなど、ライフスタイルにあわせて手間無く返済が出来るようになっています。

それぞれの返済方法には特徴があり、支払う際の手数料の有無も変わってきます。

プロミスで借りる際には自分はどの返済方法で返していく予定なのか、緊急時のための別の返済方法はどのようなものがあるのかなど、これからプロミスへの申し込みをしようと考えている方は、しっかりとチェックをしておくと良いでしょう。

ネットでの即時返済が便利

多くのプロミスの返済の中でも人気が高いのが、インターネットバンキングを使った即時処理がされるネット返済です。ATMまで行かずに、パソコンでもスマホでもインターネットバンキングを使って返済をするため、とにかく手間がかからないのが大きな特徴です。

カードを使っての返済が嫌な方、対応するATMまで行くのが面倒な方でも、ネットでの処理となるので誰にも見られる心配もいりません。365日24時間すぐに処理が出来るため、返済を忘れてて期日ギリギリになってしまった場合でも、遅延損害金をかけずにスピーディに返済が可能となります。

対応する金融機関は、3大メガバンクの他にいくつかの銀行に限られてしまうことや、メンテナンス時間には利用できないデメリットこそありますが、プロミスの会員専用メニューからオンライン上で返済処理が出来るのは、面倒な支払いにおいては大きな利点であると言えるでしょう。

ATMや店頭窓口での直接の返済

プロミスのATM、提携するコンビニや銀行ATMで、プロミスのカードを使って返済をする一般的な方法です。多くのコンビニATMでカードが使えるため、日本全国の大体の場所でスムーズに返済が出来ます。

買い物のついででも仕事帰りに立ち寄った際にも、思い立ったときにカードを使ってすぐに返済が出来るので、何かと便利ではあります。しかし、大きなデメリットとして手数料が発生してしまうところが多く、入金金額が丸々返済金にあたらない場合があるのです。

プロミスの有人店頭窓口や自動契約機に備え付けのATM、三井住友銀行のATMなら手数料はかかりませんが、プロミスの契約機や店舗には返済の度に入るのは気が引けてしまい、三井住友銀行も都市部でないとなかなか見つけられないものです。

そうなると自然とコンビニや他行ATMでの返済となってしまい、手数料がかさんでしまうのです。

一度あたりの手数料の払いは少ないとしても、借りた金額にもよりますが、完済まで毎月の返済に手数料をかけていては非常に大きな負担となります。ATMでの返済は身近に出来てたしかに便利なのですが、お金の面で考えると勿体無いのです。

その他、指定口座宛への銀行振り込みでの返済も可能となりますが、振り込み手数料がかかることや時間の制限もあるため、銀行振り込みで返済をするぐらいなら、手数料が無料のインターネットバンキングでの処理の方がおすすめとなります。

コンビニでの返済は実は手数料が0円

コンビニATMを使って返済をすれば手数料がかかりますが、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのLoppiやFamiポートを使ったプロミスへの返済であれば、実は手数料はかかりません

端末の操作をしてバーコードの書かれた紙を発行し、レジで支払いをする形となります。

手数料がかからないのは良いのですが、いちいちマルチメディア端末を操作しなければならない点、レジに持っていって支払いをする点はデメリットとなり、毎月の返済をマルチメディア端末で行うのは大きな手間ともなってしまいます。

コンビニも限られるため、いくら手数料が無料とは言ってもそこまで利用している方は多くないのが事実です。

返済日を忘れがちな方のための口座振替

上記のそれぞれの返済は、手順の違いこそあれ、返済日までに自分で支払い処理をするのが基本となります。毎月の一定の日を返済とすれば特には問題は無いかと思いますが、忙しい日々を送っている方の場合には、うっかりしていて返済日を過ぎてしまう場合もあるかもしれません。

お金は手元にあるのに、銀行口座に入っているのに遅れてしまったのでは、遅延損害金の無駄になってしまいますし、今後の増額審査の際にも返済遅れはマイナスになるため、良い材料とはなり得ません。

そんな方におすすめの返済方法が口座振替であり、会員サービスから手続きをして銀行口座を登録しておけば、返済日になれば支払い金額が自動的に口座から引き落とされます。口座にお金さえ入っていれば、うっかり忘れでの返済遅れも防げるようになるのです。

ただ、当然ですが、口座の残高が不足していれば引き落とせませんので、給料の振込口座を登録しておく、事前に口座残高を確認しておくなどの確認、行動は必要となります。

口座振替ならもちろん手数料は発生しませんし、口座の登録さえしておけば後は勝手に引き落とされるので、面倒臭がりな方、忘れがちな方には最もおすすめできる方法であると言えるでしょう。

とにかく期日を守る返済が基本

何れの返済方法でも、とにかく返済は遅れないように進めるのが基本となります。遅れてしまうと何も良いことはなく、デメリットやリスクしかありませんので、返済期日はしっかりと確認をしておき、余裕を持って支払いが出来るようにしておくべきでしょう。

プロミスは借りるのはもちろん、返済も便利に素早く手軽に行えるようになっていますので、支払いがしやすいような返済方法で、計画的な利用を心がけてください。

トップへ戻る