サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
プロミスに主婦の方が申し込みをする際の基本事項

プロミスの最低限の利用条件

主婦の方でもキャッシングは利用したいもので、少しの金額でも生活費の足し借りたい方もいるでしょう。事実、プロミスでも主婦の方のキャッシング利用者は少なからず存在していますが、利用できている方には安定した収入の共通点があります。

そもそも、プロミスでは主婦の方が利用をする際には、パートやアルバイトによる安定した収入が必須となり、安定収入とは呼べないような本人の収入が不安定な方、配偶者の収入のみとなる所謂「専業主婦」の方では、プロミスの最低限の申し込み条件を満たせません。

プロミスに限らずどこでも同じ

主婦の消費者金融利用

消費者金融に申し込む場合には、審査を受けて利用が出来るかどうかが決まります。審査の際には最低限の利用条件、申し込み条件を満たしていないと話にならないのですが、プロミスにしても他の大手のアコムでも、中堅どころのダイレクトワンでも、後発の消費者金融となるライフティであっても、「本人に安定した収入を持つ方」を利用対象としています。

専業主婦の方は配偶者の収入で生計を立てており、本人には安定した収入を持たないため、いくら他からの借金が無いとしても、今までの信用情報が綺麗だとしても、そもそもの利用条件自体を満たしていないために審査に通らない、審査以前の申し込みすらも受け付けてもらえない状態となります。

貸金業法上では例外が認められている

貸金業法の中には様々なルールがあり、そのうちの一つに専業主婦が該当する項目があります。「配偶者貸付け」の総量規制の例外とするものであり、専業主婦の方は配偶者の同意が得られれば、所得を合算して計算が出来るようになっています。

しかし、それはあくまでも「貸金業法の話」です。年収の3分の1以上の例外を除く貸し付けをしてはならない、50万円以上か借り入れ総額100万円以上では収入を証明する書類の提出が必要になるなど、禁止されている、厳守しなければならないもの以外については、各社各サービスの裁量によって変わってきます。

「配偶者貸付け」がそれにあたり、認められてはいても申し込み先が貸さないと言えばそれまでです。貸金業法では認められていても、結果的にプロミスもどの消費者金融も本人に収入の無い方へは貸さないとしているため、専業主婦の方のキャッシング利用は出来ないのです。

少しのパート収入が無いと無理

パート収入は必須

無収入となると厳しいですが、例えば時給900円で一日5時間、週に4日のパートをしたとすると、一ヶ月の給料は7万円強になります。

金額は決して多くは無いですが安定したパート所得であることには変わりなく、年間の所得で見れば86万円ほどとなりますので、総量規制で定める年収の3分の1を考えても、28万円程度までなら審査次第で借り入れが可能となります。

とは言っても初回の限度額は10万円ほどになる場合が多いですが、それでも無担保で保証人も不要、配偶者にも内緒で借りられるのは大きなメリットであり、多くは無い収入でも上記のような安定した給与を受け取っていれば、十分に申し込み条件を満たせます。

専業主婦は絶対に借りられないのか

消費者金融からの借り入れに限れば、専業主婦の方が借りるのはハッキリ言って無理です。貸してくれるところがあれば怪しい危険な闇金融である可能性が高く、利用してはならないような借り入れ先となります。

それでもお金に困ってしまった、貸してくれないなら仕方が無いと利用してしまう方がいるのも事実ですが、消費者金融でなければ専業主婦でも申し込み可能とするところはあります。

それは、銀行です。

銀行は貸金業法の規制には該当せず、銀行法の下での業務となるために総量規制の影響は受けません。専業主婦に貸すのも、多くの金額を貸すのも全てはカードローンを利用する銀行の審査次第であり、基準をクリアすれば本人に収入が無くとも、配偶者の安定収入でお金が借りられるのです。

もちろん審査に通っても限度額や極度額は大きくなりませんが、専業主婦で借りられて金利が低いと評判のイオン銀行カードローンでは、極度額が50万円までに制限されるものの、配偶者の同意は不要来店不要の申し込みが出来ます。

その他、商品自体の限度額が最大でも50万円までとなっている小口のセブン銀行カードローンにおいても、専業主婦の方でも申し込みが可能となっています。こちらの場合にはセブン銀行の口座を持っていれば最短10分審査即日融資も可能となるため、素早く借りたい方にも人気です。

銀行はプロミスや他の消費者金融よりも金利が低く設定されている商品が多いため、返済負担を軽減したい専業主婦の方にはぴったりの借り入れとなります。返済の計画も立てやすく、カードが使えるATMも幅広いなどのメリットもあるため、検討をしてみると良いでしょう。

内緒で借りる利便性と危険性

銀行カードローンを主婦の方が利用する際には、ほとんどの銀行で配偶者への確認や同意は不要としています。本人の申し込み、審査だけで借りられるようになるため、手軽で安心の借り入れが出来ます。

しかし、返済となれば配偶者の給料の一部から同じく内緒で進めなければならないため、大きな金額を借りてしまったり、本来は必要としない借金を繰り返してしまうと、返済が重くなって生活が苦しくなる場合があります。

内緒で利用出来るのは良い点でもあるのですが、その分、しっかりと考えて返済計画を立てて、無理のない利用を心がけましょう。

トップへ戻る