サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 賢く借りるために »
消費者金融一覧で金利や限度額をしっかりと比較する

消費者金融一覧で借り入れ先を確認

消費者金融を一覧で比較

消費者金融と一言で表しても、借り入れ先は非常に多くがあります。TVCMでお馴染みの大手の消費者金融から、地味ながらも長年営業を続けている中堅どころ、名前も聞いたことがないような小規模なところなど様々です。

利便性やサービス内容、金利や限度額といった基本的な部分も含めると、消費者金融の利用は大手を中心として考えるべきではあります。しかし、何らかの理由や事情によって、大手以外の消費者金融で借りる予定の方は、以下の消費者金融一覧を参考にし、借り入れ先を検討してみると良いでしょう。

基本としては、特別な理由が無い限りは、来店不要のネット申し込み、Web契約で最短即日融資も可能な大手消費者金融のキャッシングの方が良いです。初めての消費者金融利用の方はもちろん、まずは基本として大手消費者金融の利用から考えておきましょう。

消費者金融の一覧で比較

消費者金融 実質年率 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アイフル 4.5%~
18.0%
最大
500万円
最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
ダイレクトワン 4.9%~
20.0%
1~300万円 最短即日
ライフティ 8.0%~
18.0%
1,000円~
500万円
最短即日
ベルーナ
ノーティス
8.0%~
18.0%
1~
100万円
最短30分
ここより下は、申し込みの際には必要条件や書類に注意が必要
(審査結果によっては保証人や何らかの書類が必要な場合があります)
消費者金融 実質年率 限度額 審査時間
アロー 15.00%~
19.94%
200万円まで 最短45分
セントラル 4.8%~
18.0%
1~300万円 最短即日
フクホー 7.3%~
18.0%
200万円まで 最短即日
クレジットの
ニチデン
7.30%~
17.52%
50万円まで 最短即日
ユニー
ファイナンス
12.00%~
17.95%
1~300万円 最短即日
スカイオフィス 15.0%~
20.0%
1~50万円 最短即日
関東信販
(フリーローン)
16.98% 5~99万円 最短即日
アスカ
キャッシング
18.0%~
20.0%
5~50万円 最短即日
キャッシングの
フタバ
14.959%~
17.950%
10~50万円 最短即日
ライオンズリース 9.8%~
20.0%
1~300万円 記載無し
アルコシステム 15.00%~
20.0%
50万円まで 最短即日
ハローハッピー 10.00%~
18.00%
50万円まで 最短即日
キャネット 15.0%~
20.0%
1~300万円 最短即日
スペース 8.0%~
20.0%
500万円まで 最短即日
AZ株式会社 7.0%~
20.0%
1~1,000万円 記載無し
ビアイジ 15.0%~
18.0%
1~100万円 最短即日
ユニズム 15.0%~
20.0%
原則
50万円まで
記載無し
エイワ 17.9507%~
19.9436%
1~50万円 記載無し
エクセル 15.0%~
20.0%
基本
5~50万円
最短30分
いつも
(フリーローン)
7.0%~
18.0%
50万円まで 最短即日
株式会社
プログレス
15.0%~
20.0%
5~50万円 最短30分
スピリッツ
キャッシング
15.0%~
20.0%
5~50万円 最短即日
アルク 10.0%~
18.0%
1~50万円 記載無し
ビーンズ 5.0%~
20.0%
5~50万円 記載無し
東日本信販 18.0%~
20.0%
1~50万円 記載無し
ご融資どっとこむ 18.0%~
20.0%
5~50万円 最短即日
キャレント 7.8%~
18.0%
500万円まで 最短即日

大手の消費者金融から、いくらか名前の聞いたことのある中小の消費者金融も一覧で並べてみましたが、やはり借り入れ条件を見てみると大手が優れているのが分かります。中堅どころでは限度額が最大でも50万円までが多く、数百万円となっている消費者金融でも、初回融資は50万円までに制限されるとしているところも多いのです。

金利を見ても、上限が20.0%が目立ちます。大手のプロミスの金利アイフルの貸付条件を見れば、上限金利は17.8%や18.0%となっていますが、他の中小の消費者金融では高い水準で設定されています。

▼20.0%の上限金利の落とし穴

20.0%の上限設定は、単純に高い金利が適用されるだけでなく、少額融資を想定している貸付条件です。現在の利息制限法では10万円未満は20.0%、10万円超で18.0%、100万円超で15.0%を超えた金利は認められていないため、20.0%の金利設定をしているのは、10万円を下回る限度額での貸付を行う可能性が強いのです。

大手ではどこも借りられない、5万円程度でもいいから借りたいと考えるなら選択肢に入るかもしれませんが、大手の審査に通る可能性のある状況の方であれば、わざわざ20.0%を上限金利としている消費者金融に申し込む必要は無いでしょう。

まずは抑えておきたい消費者金融一覧

0
★★★★★
プロミス
最短1時間融資で急な出費でも安心、素早く借りられる大手キャッシングサービス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
平日の14時までにWeb上での契約を完了させると、最短即日での振り込み融資も可能となります。審査回答もネット申し込みで最短30分とスピーディで、すぐに借りたい方を中心に人気を集めています。夕方や夜、土日でもネット審査完了後に契約機を使うか、または三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間最短10秒振り込み瞬フリでの利用で当日中のキャッシング利用も可能となりますので、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。
0
★★★★★
アイフル
Web契約後のカードを内緒で受け取れる、安心の独自サービスに注目
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~18.0%最大500万円最短30分最短1時間
申し込みの時間によっては翌営業日以降の扱いとなる場合もありますが、最短即日でのキャッシングも可能と、急ぎの方にも適している人気消費者金融です。金利は他の消費者金融と比べて大きな違いはありませんが、初めてアイフルの無担保キャッシングローンを利用される方は、契約の翌日から30日間の無利息期間が付くために返済の負担を軽減できます。お得に素早く借りたい方に人気となるのが、大手消費者金融アイフルのキャッシングです。
0
★★★★
モビット
電話や郵便物を不要とするWeb完結が魅力の、便利なネットキャッシング
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
パソコンでもスマホでも対応をする「Web完結」なら、電話や郵便物が無いキャッシングも可能となります。消費者金融を利用する際のネックである会社への電話連絡も、モビットのWeb完結なら不要としていますので、申し込みの条件や必要書類をしっかりと確認し、内緒の借り入れ手続きを進めましょう。14:50までの振り込み手続き完了で最短即日キャッシングも可能ですが、審査の結果によっては、ご希望に沿えない場合もあります。詳しくはモビット公式サイトでご確認下さい。
0
★★★★★
アコム
初めての消費者金融利用でも安心して借りられる、三菱UFJフィナンシャルグループ
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円最短30分最短1時間
TVCMのお馴染みのフレーズで人気の、大手消費者金融です。ネットからの申し込みで早い審査回答も可能であり、申し込みをする前に「3秒診断」で簡単な借り入れ診断結果がチェック出来ますので、借りられるか不安な方はまずは3秒診断から始めてみると良いでしょう。文字通り時間はかからず、入力内容も僅かなものですので、早くに借りたい方や余計な時間を使いたくない方であっても、アコムの3秒診断であればスピーディに進められます。

一覧で見る金利の下限数値

上記の消費者金融一覧で下限の金利を見てみると、大手では5.0%を下回る数値となっていますが、中堅以下の消費者金融でほとんどが5.0%を超える水準です。中には金利が18.0%で固定されているところ、下限で18.0%としている消費者金融もあるため、一覧で見ると大手消費者金融の金利がいかに優れているかが分かります。

もちろん下限金利で簡単に借りられるわけではありませんが、金利で比較をするなら下限が18.0%の借り入れ先よりも、4.5%や4.7%となっているところの方が、借りる際の気持ちの面でも良いのではないでしょうか。

金利は返済時の利息に繋がる重要な項目であるため、消費者金融一覧でしっかりと比較をしておき、どこから借りるとどの程度の利息負担になるのか、別ページの返済シミュレーションも活用しつつ、計画的なキャッシング利用を進めるようにして下さい。

金利だけでなく限度額も一覧で比較をしておき、まとまった金額の借り入れを考えている、将来的な増額を期待して借りたい方は、大きな枠の用意も可能な消費者金融に申し込みを行うと良いでしょう。

消費者金融一覧の上から見ておく
迷ったら大手から

これだけ多くの消費者金融が一覧で並んでいると、どこから借りれば良いのか迷ってしまいます。既に何社も利用している方なら選択肢もほとんどありませんが、他社利用が無い方、または少ない方は、一覧の上の方から見ておけば問題ありません。

まずは大手のプロミスアイフルあたりからチェックをしておき、お馴染みの消費者金融ですので信頼性も安心感も中小の借り入れ先よりも大きなものとなります。申し込みやキャッシングサービスそのものの利便性も高く、何かと便利に使えるので、まずは消費者金融一覧の上の方から見ておくようにしましょう。

中堅以下の消費者金融については、貸付条件が大手よりも劣るため、審査は独自の基準で行うところが多いです。大手ではダメだった方、過去に何らかのトラブルを起こしてしまった方も、現状の返済に問題が無いと判断されれば、少額なら借りられる可能性があります。

ただし、信用情報があまりにも弱い場合には保証人を立てる必要があったり、5万円程度の借り入れでも所得証明の提出を求められたりもしますので、どうしても手続きは面倒になってしまうのです。

本来、大手消費者金融で借りられないような状態になってしまったら、新規での借り入れを増やすことは避けるべきです。片っ端から総量規制ギリギリまで借りてしまうと返済が苦しくなりますので、なるべく多くは借りないようにしましょう。

消費者金融一覧以外で借りる場合には

当ページの消費者金融一覧は、全ての消費者金融を網羅しているわけではありません。大手を中心とし、ある程度は名前の聞いたことのある中小の消費者金融を一覧で掲載をしているだけですので、記載をしていない中にも安心して借りられる借り入れ先は存在しています。

ただ、注意をしておきたいのが悪徳業者や闇金融です。あまりにも知名度が低いところで借りようとすると、正規の貸金業者ではない可能性が高くなり、法外な利息の請求や違法な取り立てをされてしまう可能性があります。下手なところから借りると、とても返済が出来ないような金額の利息となり、取り立ても違法な厳しいやり方をされてしまいますので、十分に気をつけておく必要があります。

もし知名度の低い消費者金融で借りようと考えているのであれば、まずは上記の消費者金融一覧を参考にし、掲載の有無に関わらず、念のため貸金業登録番号照会も行い、正規の業者であるかを確認するようにして下さい。

当ページに記載の消費者金融一覧は、全て正規の登録貸金業者となります。しかし、中堅以下の借り入れ先では返済に対して厳しいところもありますので、利用の際には支払いが出来る範囲で借りるようにしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る