サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
審査基準をある程度は理解して申し込みを行う

ローン審査に通るかの審査基準のポイント

「与信枠」という言葉をご存知でしょうか?

お金を借りる時に、いくらまでなら返済が可能なのかを一定の基準に照らし合わせてランク付けし、借り入れ上限を決めた貸出限度額を、第三者の信用によって決めることです。

この基準は本人が知らないうちに、勝手に調査された資料をもとに審査されているのですが、その調査の方法を知っていると、有利な借り入れ枠を貰うことができます。

今回はその審査基準と、申し込みの時のポイントについてご紹介します。

気になる審査の審査の項目とは

誰もが気になる審査基準

クレジットカードを作成した時などは、借り入れをする意思がなくても、与信枠の審査が行われます。この結果によって上限枠は決められますが、場合によってはカード発行不可ということもあり得ます。

消費者金融にしても銀行にしてもクレジットカードにしても、またはその他のローン審査でも、気穂となる審査のポイントは次の3点です。

第1のポイントは「年収」です。

返済の原資となる収入は絶対的な条件であり、無収入や最低限の生活水準に満たない収入の場合には、審査が通らないことになります。

確かに貸し手にとって、返すあてがない人に多額の貸出枠を設定しても、貸し倒れになる危険性が高くなります。仮に有り余るほどの財産があったとしても、収入がないのであれば、リスクを背負ってまで枠を広げることはしません。ですから審査基準で最も重要なのが、「年収」なのです。

審査のひとつの目安として、年収200万円のラインがあります。年収200万円以下の人はローン審査に通らないことが多いのは、実生活で収入を使いきってしまうため、返済財源がないと判断されるからです。

もちろん人によって事情が違うので、200万円以下でも通る場合はありますし、300万円以上でも通らないこともあります。

第2のポイントは「債務残高」です。

こちらも貸し手にとって当たり前のことですが、ほかに返済先があれば、それだけ次の返済財源が少なくなっているわけで、上限枠に見合った収入を必要とします。つまり、他所で借金をしている場合には、審査が厳しくなるわけです。

ただし、借金がなくても限度額が低くなることがあります。申し込みする前に何枚ものカードを持っていると借り入れ枠が埋まってしまい、借りてなくても枠としては無くなっていることもあります。

第3のポイントは「返済履歴」です。

実はこの返済履歴については、その審査会社によって基準がバラバラで、しかも情報収集の方法やカウントの仕方が違うため、とても厄介な基準となります。借り入れた金額を期日に約束通り返済していれば、履歴としては問題ありません。

一般的には2ヶ月以上滞納すると履歴に傷がつき、借り入れが出来なくなる期間ができますが、なかには残高不足で落ちなくて、後日延滞金が加算を繰り返しただけでも履歴に傷がつくことがあります。

これは借金の返済だけではなく、例えば保証会社を通じた家賃の支払いや携帯電話の端末分割代金など、さまざまな支払いでもカウントされています。振り返ってみると、いままで生きているなかで、一度も遅れることなく支払ってきた人の方が少ないはずです。

審査の通る人と通らない人がいることも現実なので、審査の通らない人はどこかでアクシデントがあった、と思った方が良いでしょう。

申し込みの時に気を付けなければいけない事とは

審査の基準が分ったとしても、年収を上げるのは容易いことではないですし、借り入れ枠を求めるために債務残高を0円にできる人も少ないはずです。まして、過去にさかのぼって履歴を精査して、修正の申告をしていくことは不可能に近いことです。

破産などのアクシデントがなく、3つの条件のうち、どれか一つが抜きんでていれば審査が緩和されることもありますので、申し込みの時には注意しておきたいポイントをご紹介します。

まず収入についてですが、審査に必要な収入証明は前年度分になります。仮に200万円以下になるのであれば、アルバイトなどの副収入を得て、確定申告で総収入を200万円以上にしておきたいものです。

仮に1日3,000円のアルバイトを土・日曜日のみ就業すれば、年間30万円の増収となり、本業が月収14万円ほどでも、審査基準をクリアすることができます。

次に、現在使用していないカードを持っているようであれば、新規の申し込みよりも前に解約しておくことです。カードを持っていれば枠を使っているのと同じことになり、審査が厳しくなることも予想されます。

また、数枚持っているのであれば、常に使用する「本命カード」以外は、最低限度額にすると良いでしょう。

審査申し込みの前々月までには、使用中のカードローンやキャッシングを、0円にしておくことも大切です。審査の時には借り入れ枠が0円が通りやすいと言われています。

審査の基準は各審査会社によって違いますので、1つがダメでももう1つで通ることはよくありますので、申し込みの際にはどこの審査会社を使っているか、情報として知っておくのも重要です。

審査に落ちた人のとるべき道
審査に落ちてしまった場合

「年収、債務残高、返済履歴」の3つの審査基準がクリアできなくても、審査に通る人がいます。

たとえばローンの目的が新車や中古車の購入であった場合、返済が完了するまで車は販売店が所有し、使用者として車を保持することになります。そのため、返せないときには、使用者が所有者に車を返すことになります。

このような仕組みは賃貸不動産や一部の携帯電話の契約などでも、審査が甘くなることはあります。つまり売り手が貸し手になり、いつでも販売した商品を引き上げることができるのであれば、審査基準にかかわらずOKを貰うことができるわけです。

それでも落ちてしまった人は、まず3つの審査基準のうち、年収と債務残高をクリアできるようにしましょう。

返済履歴で落ちているようでしたら、6ヶ月程度、すべての支払いを遅滞なく納めるようにします。事故(不払いによる債務整理など)を起こした履歴がなければ、審査は通るはずです。

しっかり準備してから審査に臨む

ローンの審査を申し込む際には、すでに資金目的がある場合が多いので、利用目的の会社が勧めるローン会社を利用すると、審査基準は格段に低くなります。もし審査が厳しいと思うのであれば、先にそのことを伝えると、「販売の努力」のなかでローンを組めるようになる場合が多いようです。

反対に一度申請してから却下になると、3ヶ月以上は再申請しても通らないと言われているので、ローンを組む際には慎重に申し込むようにしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る