サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
銀行カードローンの審査で重要となる保証会社の存在

銀行カードローンにおける保証会社の審査

銀行でカードローンを利用する際には、多くは保証会社による審査が行われます。保証会社とは担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社が銀行への保証を行うものであり、万が一にも返済ができなくなった場合には、保証会社が代わりに返済を行うような流れになります。

当然ながら保証会社が代わりに払ってくれるなら返済をしなくても良いといったわけではなく、借りたお金に関しては自身でしっかりと返済を進めなければなりません。返済ができなければ信用情報機関事故情報が記載されるので、以後のクレジットカードもカードローン審査も大きく不利になってしまいます。

銀行カードローンを利用する際には、保証会社の審査に通るかどうかが重要となります。どの保証会社となっているかは各金融機関のウェブサイト上に記載されているので、申し込み前に確認をしておくと良いです。

保証会社による審査基準には違いがあり、消費者金融系と信販系の保証審査であれば、一般的に消費者金融系の保証審査の方が基準は低いとは言われています。しかし、あくまで銀行カードローンを利用する際の保証会社としての消費者金融の審査であるため、消費者金融を利用する際の基準とは当然ながら異なります。

消費者金融系が保証会社だからと言って簡単に借りられるわけではなく、申し込みの条件に関しても消費者金融で借りる場合と保証会社として銀行カードローンを利用するのでは異なる場合があります。間違いが無いようにするためにも、申し込み前にはしっかりと確認をしておくべきなのです。

保証会社の審査内容と手続きの進め方

返済が出来るかどうかが重要

保証会社による審査と聞くと、面倒そうで厳しそうなイメージがあるものです。しかし、実際には消費者金融のキャッシングやカードローンの手続きと大きな違いは無く、返済能力の確認が主となります。

他社の借り入れが多すぎないか、収入は安定しているか、過去に何か金融事故を起こしていないかなど、基本的に見ている部分としては同じです。

ただ、一つの違いがあるとするなら審査の基準です。銀行からの貸し付けのための審査となりますので、保証会社が消費者金融となっている銀行のカードローンであっても、基準はいくらか厳しくなってしまいます。

例えば、メガバンクのカードローンである三井住友銀行のカードローンは、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスとなっています。SMBCコンシューマーファイナンスとは、大手キャッシングブランドのプロミスのサービス元であり、プロミスの場合にはアルバイトやパートの方でも借り入れ状況や収入によっては利用出来る可能性が十分にありますが、三井住友銀行カードローンでは審査落ちとなることが多いです。

同じように三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックソニー銀行のカードローンは、保証会社が大手人気消費者金融アコムとなります。アコム審査のために手続きが早いのがそれぞれのカードローンの魅力ですが、審査基準はアコムで借りる場合とは異なります。

また、保証会社が同じだからと言って貸付条件も同じものとなるわけではなく、上記のカードローンは保証会社の消費者金融の金利よりも低い利率設定としています。審査の際に利用する保証会社と、その消費者金融が提供するカードローンキャッシングは、必ずしも同じものとはならないのです。

消費者金融が保証会社になっているからと甘く見てかかると、審査に通らずにがっかりしてしまう可能性もあります。同じ消費者金融による審査であっても、基準としては全くの別物となりますので、そのあたりはしっかりと理解と把握をしておくべきでしょう。

保証会社で注意をしておきたい点

信用情報には事故情報も無いのに、現状の返済はどこも遅れていないのに、特定の保証会社が絡む審査に通らない方がいます。収入も安定していて勤続年数もそれなりにあり、引っ越しを繰り返しているわけでもないのであれば、審査結果はそこまで厳しくはならないはずです。それなのに、一部のサービスでのみ審査に通らないのです。

これは、信用情報機関に残らない、または情報が消えている何らかのネガティブな要素を、保証会社が独自に保有している場合によく見られます。仮に過去に返済が大きく遅れていたとしても、または債務整理をしていたとしても、信用情報機関に残る履歴は一定期間が経てば消えます

しかし、返済が遅れたときや債務整理をした際に、当時利用していて迷惑をかけたところは、延滞や事故情報については独自に保有しているのです。信用情報機関の登録情報とは別の「社内ブラック」と言われる情報となり、社内で独自に保有する情報については明確な保有期限が定められていないため、最悪の場合は消えることなくネガティブな情報が残ってしまいます。

当然、社内ブラック情報を持っている金融会社は、審査の際には判断材料の一つとして参考にしています。そのため、例えば上記の三井住友銀行カードローンに申し込む際に、過去にプロミスに迷惑をかけていた場合には、現状に問題が無いとしても審査に通らない可能性も出てくるのです。

銀行カードローンごとの保証会社一覧

借り入れ先 保証会社 種類
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
アコム株式会社 消費者金融系
ソニー銀行
カードローン
アコム株式会社 消費者金融系
じぶん銀行
カードローン
アコム株式会社 消費者金融系
第三銀行
カードローン
アコム株式会社 消費者金融系
三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
消費者金融系
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
消費者金融系
横浜銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
消費者金融系
北洋銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
消費者金融系
愛媛銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
消費者金融系
みずほ銀行
カードローン
株式会社オリエントコーポレーション 信販系
オリックス銀行
カードローン
オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
信販系
イオン銀行
カードローン
オリックス・クレジット株式会社
イオンクレジットサービス株式会社
信販系
りそな銀行
プレミアムカードローン
オリックス・クレジット株式会社 信販系
静岡銀行
カードローン
新生フィナンシャル株式会社
静銀ディーシーカード株式会社
消費者金融系
信販系
スルガ銀行
カードローン
スルガ・キャピタル株式会社
ダイレクトワン株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
消費者金融系
信販系
申し込む前に確認をしたい保証会社
申し込む前に確認をする

金融事故ではないとしても、過去に過払い請求をしているなど、金融事故ではない信用情報に残らない何らかの業者とのやり取りがあった場合にも、やはり社内情報によって審査には通らない可能性があります。とは言え、過払い請求についてはその後に貸し付けるところもあるため、一概に過去に過払い請求をしてるから審査に通らないとは言えません。

このあたりの判断に関しては、それこそ申し込みをしてみないと分からないのですが、だからと言って無闇な申し込みはとてもおすすめできる方法ではありません。

何社も申し込みをすれば、申し込み履歴の関係でどんどんと審査に通りづらくなります。本命とするカードローンに申し込みをするときには、既に履歴が3社も4社も積み重なってしまい、本来であれば審査に通ったはずが審査落ちとなる場合もあるのです。

審査で不利にならずに申し込みをしたいのであれば、通るかどうかは別の話としても、まずは銀行カードローンの保証会社をしっかりと確認をするべきです。特に問題が無さそうなところであれば条件を確認して申し込みをするなど、消費者金融利用時とは多少は違った見方をする必要があります。

銀行カードローンでは迷惑をかけないこと

銀行のカードローンが絡む借り入れで返済ができなくなってしまい、大きな滞納をしてしまったりすると、銀行そのものと保証会社の両方にネガティブな情報が残ってしまいます。保証会社についてはそのまま信用情報機関への「異動」などの事故情報となり、銀行の場合にはそもそもの信用を大きく失います。

銀行で信用を失うのは大きなデメリットであり、利用状況によっては銀行口座の開設すらもNGとなる場合があります。銀行の口座だけなら借金と無関係なのですが、やはり銀行は信用を大事にする金融機関ですので、信用を失っている方に対しては口座開設を不可としてしまうのです。

仕事で給料の振込口座を指定された場合に、その銀行の口座が開設出来ないと困ったことになってしまいます。その他、普段の生活でも最寄の銀行が過去にカードローンで迷惑をかけていて、そのせいで口座開設が出来ないと不便に感じてしまいます。

何も銀行に限らずどこで借りるにしても同じですが、特に銀行カードローンの場合には返済はしっかりと行い、必ず返せる範囲で利用するようにしなければならないのです。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の金利は、引き下げ適用後の利率となります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る