サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
中小企業が借りる場合には制度融資も検討してみる

制度融資を活用しましょう

年末年始や決算期になると、一旦は買掛金を整理している商習慣の業種があります。また、全額とはいかなくても、ボーナス時期になると回収をお願いする企業が増えてきますし、自らの会社も同じようにボーナスの引当金を用意するために少しでも多く回収しようとします。

ただ、市況が思わしくなく利益が追い付かず、しかも借り入れするための条件である業績も厳しいと感じているのであれば、制度融資を利用した資金繰りが良いです。

もちろん業績は審査基準とはしないビジネスローンの借り入れもありますが、一つの選択肢として制度融資についても知っておくと今後の資金繰りに役立ちます。

そもそも制度融資とは何か

制度融資について知っておこう

まず制度融資についてのおさらいです。制度融資というのは国や地方自治体が、地元の企業育成や支援するための融資制度のことです。

特に新規で会社を設立する人は金融上の実績が少ないため、銀行のプロパー資金を申し込んでも信用度が低く、希望額を借り入れることが難しいと言われています。そこで地方自治体の外郭団体となっている信用保証会社が、信用の裏づけとなる保証をしてくれるわけです。

つまり銀行から借り入れますが、その保証は地方自治体の保証会社がやってくれるために、銀行は安心して貸し出しができるわけです。もちろん失敗しないようにアドバイスもしてくれますし、資金繰りなどから短期の追加融資や事業拡大の設備投資などにも、積極的に相談に乗ってくれるようになります。

制度融資を詳しく知る

もう少し制度融資の内容を見ると、銀行が事業内容や返済計画などを精査して融資の判断をしますが、実質は地方自治体の保証会社から預託金を預かって融資をします。

融資先に万一のことがあっても銀行の懐が痛むことはなく、逆に返済や事業決済にあわせて口座が開設され、高金利のプロパー資金も併用して儲けを生み出すチャンスにもなります。そのため、金融機関にとっても、制度融資利用者はメリットが高い顧客となるわけです。

ただし、いくら銀行がOKを出しても行政が行う融資ですから、一定の条件をクリアしなければいけません。制度融資自体は会社に貸し出しますが、実質は代表者が個人保証する信用貸しといってもいいわけです。

事業性資金として借りるビジネスローンを個人事業主が使う場合と似ていますが、代表者がブラックだと融資を受けることはできません。ここで言うブラックとは過去の返済のトラブルはもちろんですが、お金を貸すだけの信用がない状態も指しています。

その他、全国各地の自治体によって条件が変わりますので、同じ条件で申し込んでも通らないこともあります。

商工会議所の会員になって相談する

気軽に相談ができるところがある

そうはいっても新規の事業を始めるのに、独自で事業計画や予算案が完璧に作れる人は少ないはずです。そこで銀行の融資係がアドバイスをしてくれたり、コンサルタントなどに依頼して相談に乗ってもらうことになります。

ただ、これから起業するまったくのゼロの状態ではどちらも難しいでしょうから、気軽に相談できる商工会議所に行ってみることをお薦めします。

商工会議所は商売をしていないと縁遠い感じですが、実は零細企業や小企業が主たる会員となっている団体です。地元の床屋さんや薬屋さん、八百屋さんや肉屋さん等の家族で営んでいるような小さなお店屋さんがたくさん会員になっています。

厳しい経営状況でも会費を納めてまで商工会議所に入っているのには、いくつかのメリットがあります。そのなかのひとつに国民政策金融公庫(旧国金)の融資申請と、保証会社への提出資料作成があります。

商工会議所でアドバイスをもらう

商売をしている全員が簿記などを理解して、財務諸表をもとに資料作成ができるとは限りません。大半の人たちは決算書類や申告書などを外注しているわけで、まして起業ともなればいままで財務に関する書類を見たこともない人だっています。

そこで商工会議所のなかにある中小企業相談所に行って相談をすると、さまざまなアドバイスをもらえます。ここは会員ではなくても無料で利用ができ、メリットが高いと思えば起業後に商工会議所の会員になればいいわけです。

ちなみに年会費は各商工会議所によって違いますが、最低ラインだと年間1万円以下です。経営に重大な影響を与えるほどの出費にはならないはずです。

制度融資を受ける面接のポイント

制度融資で最大の難関といわれる「面接」を上手くこなせるポイントについてご紹介します。

まず、面接官はあなたに融資をしたいと思って対面していることを理解しておくことです。意地悪に思える質問も、会社の理解度を説明できるのかを見極めているだけで、ウィークポイントを突いて楽しんでいるわけではありません。

口が上手いとか人相が良いとかで融資の合否を決めることはありません。当日は清潔で真面目そうな身なりは心がけておけば大丈夫です。

見た目よりも大切なことは、会社の登記簿上の住所や営業店舗の住所、および電話番号や資本金などはスラスラ言えるようにしておき、従業員数と支払賃金額なども万単位程度で伝えられるように準備しておきましょう。

そもそも提出した資料は自分が作ったものです。誰かに手伝ってもらったとしても数字が把握できていないと不可になりますので、必ず暗記することがポイントです。あわせて「もし返済できなかったとき」「もし借り入れができなかったとき」などの答えを考えておくことも大切なポイントです。

また、「この融資がなければ事業がダメ」とする答えだと、依存度が高すぎてほかに対応手段を持たないことから「不可」になる可能性が高くなります。融資によってさらに拡大してビジネスチャンスが生まれるような回答を用意しておくことが、スムーズに融資を受けられるポイントとなります。

将来的に銀行から借りるため

一般的に面接を終わってから紹介状をもって銀行の融資担当に行くことになりますが、実際には銀行から勧められて面接を受けるケースもありますし、商工会議所からアドバイスを受けていれば、本来は同席できない部外者として、経営指導員から補助してもらえることもあります。

制度融資を利用することで銀行などの民間金融機関に対する信用度は高まり、特に設備投資で融資を受けた時には、小まめに業績情報を伝えながら小さな借り入れと返済を繰り返すことで、さらに大きな融資をプロパーでも受けられるようになります。

もちろん最初は制度融資を使った方が低金利ですが、これを繰り返していれば信用度が高まり、銀行からも低金利の融資を受けられるようになります。

起業家となってリアルな経済社会にデビューすると、お金が血液(水)で銀行が循環させる心臓の役割を果たしていることが分ります。そして、心臓を止めないためにはしっかり約束を果たしていく必要があるのです。

個人が借りる場合も事業で借りる場合も、借りたお金の返済はしっかりと進めなければなりません。返済でトラブルを起こすと信用を失ってしまいますので、よく考えてお金を借り入れるようにしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る