サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 賢く借りるために »
カードローンの審査基準を知って無駄なく申し込む

カードローンを利用するための審査

カードローンでお金を借りるにあたっては、まずは消費者金融でも銀行でも審査を受ける必要があります。申し込みをして審査を受け、基準をクリア出来れば契約をし、お金が借りられるようになります。

当然ですが、審査の基準をクリア出来なければカードローンの利用はできず、いくら低金利で好条件のカードローンであるとしても、審査基準をクリア出来ないと何の意味もありません

無駄な申し込みとなってしまう前に、金利や限度額審査時間といった魅力のあるスペックばかりを見るのではなく、カードローンの審査基準にも注目をしておくと良いでしょう。

傾向から見るカードローン審査基準

カードローン審査と基準

とは言っても、どのカードローンも審査基準については明確にはしていません。ブラックボックスな部分があるのがカードローンの審査で、どのような属性の方であれば審査の通過が可能かの断言は出来ません。

ただ、これまでの傾向からある程度は審査基準を予測することは可能で、金利面などから貸金業者や金融機関がターゲットとする層、つまり審査基準としてどのような方を求めているのかの見当は付きます。

申し込み条件では不可とされていないとしても、見当違いとも言えるようなカードローンの申し込みをしても無駄となります。著しく外れている方の申し込みはカードローン審査の基準を満たせない可能性が高くなり、審査落ちとなってしまうのです。

まずはカードローンのスペックと審査基準の予測を立て、自身の状況に適している借り入れ先であるかの判断をするようにしなければなりません。高望みばかりをしていても審査基準をクリアできずにお金が借りられなければ意味がないので、借りられる見込みがあるカードローンの審査を受けるようにしましょう。

雇用形態とカードローン審査基準

審査で重要ともなる雇用形態は、申し込み条件だけ見ればほとんどのカードローンでアルバイトやパートでも自身に安定した収入があれば可能としています。しかし、それはあくまで申し込みが出来るだけであり、審査に通るかは別です。

実際、低金利カードローンとなるオリックス銀行カードローンソニー銀行カードローンはアルバイトやパートの方の利用には審査通過は厳しいと言えます。やはりアルバイトやパートの方は消費者金融の利用がよく、消費者金融ランキングにもあるプロミスアイフルモビットアコムといった借り入れ先が向いています。

借り入れ先 実質年率 限度額 審査時間 融資対応
プロミス 4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間
モビット 3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日※
アイフル 4.5%~18.0% 最大
500万円
最短
30分回答
最短
1時間
アコム 3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

※モビットの即日融資は14:50までの振り込み手続き完了が条件となります。審査の結果によってはご希望に沿えない場合もあります。

正社員や公務員の方の審査なら

正規雇用としての正社員、または公務員など、収入も仕事も安定している方はアルバイトの場合よりも多くの選択肢があります。銀行のカードローンも審査基準をクリア出来る可能性があり、収入や他社の利用状況次第では低金利のカードローン審査も通過出来ると考えられます。

借り入れ先 金利(年利) 限度額 審査時間
オリックス銀行
カードローン
年1.7%~
17.8%
最高
800万円
-
静岡銀行
カードローン
年4.0~
14.5%
10~
500万円
-
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高
800万円
-
カードローン審査を無駄にしないために
カードローン審査の注意点

審査の通過を目指して申し込みを行うカードローンも、手続きの進め方によっては結果に大きな悪影響が出てしまう場合もあります。本当は問題なく審査に通過出来たかもしれない方でも、単純な理由で審査落ちとなる可能性もあります。

それは、申し込み内容の不備です。今では多くのカードローンがネット審査に対応をしているので、申し込みが手軽に気軽に行えるようになっています。その分だけ入力時のミスがどうしても増えてしまい、正確に入力をしたはずが事実と異なる内容になっていたり、虚偽記載と受け取られてしまうミスが出てしまう場合もあるのです。

特に焦って申し込みをすると不備やミスを誘発しますので、カードローンの審査を受ける際には入力内容は二度三度とよく確認をし、ミスがないかをしっかりと目を通してください。

▽確認のために余計な時間がかかる

審査落ちとまではいかないとしても、入力内容にミスがあれば消費者金融や銀行は確認のために申し込み者本人に連絡をしなければならず、その分だけ当然ながら審査も遅れます。申し込みが殺到している状況では後回しとされてしまいますので、結果として審査回答にも大きく時間がかかってしまうのです。

急ぎで借りたいからと焦って申し込みをすると、ミスによってかえって時間がかかるといったケースは決して少なくはありません。送信前の確認なら5分もかかりませんが、万が一にもミスがあれば確認のために5分以上の時間をロスします。

時間のロスも余計なカードローンの審査落ちとならないためにも、審査基準云々以前に申し込み内容はミスなく正しくしっかりと入力、確認をすることを忘れないようにしましょう。

著しく事実と反する、または連絡先が全て間違っている内容などは、悪戯と判断されて審査すらもされない場合があります。審査のスタートラインにすら立てず、連絡先が間違っていれば確認の連絡も届かず、いつまで待っても審査結果は出ないので注意が必要です。

審査基準を満たせない方は申し込まない

カードローンの審査基準を満たしていないと考えられる方は、申し込みはしない方が良いです。申し込んでみないと審査に通るかは分からない、通ればラッキーと考えて審査を受ける方もいますが、そのような状況で審査に通るほど今のカードローンの審査基準は簡単ではなく、デメリットしかありません。

◇通る見込みがない審査を受けるデメリット

・信用情報機関に履歴が半年残る
・信用情報とは別に各サービスに悪い情報を与えてしまう
・他社の貸し出し枠の減額、または融資停止の可能性

信用情報機関には申し込み履歴が半年残り、履歴があるのに貸付のデータが無い場合には、審査落ちとなったと照会時に分かってしまいます。履歴が多く残ればそれだけ今後の審査に不利になり、さらに審査に通りにくい状況を自分自身で作り出してしまいます。

また、信用情報機関に記録される情報とは別に、非常に悪い状況で申し込みをすると、各サービスに悪い印象を与えてしまいかねません。

カードローン審査は何も信用情報だけを見ているわけではなく、各サービスで保有している情報も確認をします。通りもしない審査を受けると今後の状況が改善したとしても、そのときの申し込み情報が悪さをして審査に通らない可能性もあります。

そのほか、何でもかんでも申し込みをすると、消費者金融や銀行が契約中に他社の利用状況を確認する途上与信審査により、限度額の減額や追加融資の停止といった状況に陥る場合もあります。

通る見込みがある審査であればお金に困ったときには受けてみるのも良いですが、以下に該当するような方は、カードローン審査を受けても基準に達しない可能性が高いので申し込みは控えた方が良いでしょう。

×銀行のカードローン審査が厳しい方

収入が極端に低い、または不安定
銀行ではアルバイトやパートの方は厳しく、消費者金融でも派遣社員や個人事業主の方は審査基準を満たせない可能性が高いです。
他社の借り入れが多すぎる
年収の3分の1以上を借りている総量規制にかかる場合には、消費者金融はもちろんですが、対象外となる銀行でも複数から借りている状況では審査にはほぼ通りません。
正常な返済が出来ていない
他社利用中で返済が遅れている、不足入金での返済となっている状況では、審査にはまず通りません。遅れや不足を解消してからとなります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る