サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報

銀行のカードローンを利用する際に知るべき情報

お金を借りるなら消費者金融とのイメージが強いですが、最近では銀行カードローンの人気も高くなっています。昔は銀行から個人が気軽に少額の融資を受けるイメージが無かったのですが、今ではメガバンクも個人向け小口融資の無担保カードローンを提供しているため、多くの方に利用されているのです。

銀行のカードローンの場合であれば、消費者金融よりも金利低くして借りられる場合もあり、限度額や極度額にしても大きな金額が用意されている商品もあります。より好条件で負担が少なく利用できますので、審査基準の厳しさこそあれ、安心感を求めるなら銀行のカードローンを考えてみると良いでしょう。

銀行だからと言って「カードローン」とは限らない

「カードローン」銀行「キャッシング」消費者金融とするイメージが強いですが、実際には明確な線引きはありません。そもそも、消費者金融でもカードローンの名称は使っており、三菱UFJフィナンシャルグループで即日すぐ利用出来ると人気のアコムであっても、商品名は「カードローン」です。

逆に、銀行であっても「カードローン」ではないところもあり、ジャパンネット銀行での借り入れに関してはカードローンの名称は使われない「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」となります。

カードローンは「カードを使ったローン」を指すものであり、キャッシングは「お金を借りる行為」そのものを意味します。名称の違い云々は思っているほどに重要なものではありませんので、借りる際に「カードローン」か「キャッシング」かで決めるよりは、利用先の商品内容やサービスで決めるようにすると良いでしょう。

専業主婦がカードローンで安心してお金を借りる方法

専業主婦の方がお金を借りる、カードローンを利用したいと考えたときには、消費者金融で借りられないとなるともうどこも貸してくれないのかと落ち込んでしまうものですが、そんなことはありません。

銀行カードローンの審査で重要となる保証会社の存在

銀行でカードローンを利用する際には、多くは保証会社による審査が行われます。保証会社とは担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社が銀行への保証を行うものであり、万が一にも返済が出来なくなった場合には、保証会社が代わりに返済を行うような流れになります。

銀行カードローンを利用するメリットに注目してみる

銀行でカードローンを利用するとなると、金利や限度額、極度額ばかりが注目されがちですが、銀行で借りるには他にも様々なメリットや利点、サービスが得られます。

地銀のカードローンで今後のローン金利の優遇を期待

銀行によって様々ですが、カードローンの契約をしていると基準金利より0.1%~0.3%程度引き下げられるようになるため、借り入れ金額が大きく利息負担も膨らみがちな目的型ローンをお得に利用出来るのです。

銀行カードローンにもデメリットやリスクが存在する

金利が低くて審査も早い、最短即日融資も可能となると銀行カードローンにはデメリットも欠点も無いように感じますが、実際にはいくつかの問題点、覚えておくべき点もあります。

変動金利のカードローンは実際に金利が動いているのか

銀行のカードローンの金利を見てみると、多くは「変動金利型」などと記載がされています。住宅ローンやマイカーローンでは一般的である変動金利は、カードローンではあまり馴染みがありません。

銀行のカードローンは申し込みから契約まで面倒?

銀行で借りるカードローンも「時間がかかりそう」「手続きが面倒そう」と感じてしまう方がおり、実際の内容を詳しく調べないままに最短即日融資での利用が可能となる消費者金融へと流れてしまっています。

銀行のカードローンは郵送物が届いてもバレにくい

カードローンやキャッシングと言えば消費者金融と考えられていたのは昔の話で、今では消費者金融よりも銀行のカードローンから借り入れを検討する方も増えています。

地方銀行のカードローンが金利面でも人気が高い

地方銀行のカードローンも窓口まで行かずに来店不要で手続きができるようになってきており、自宅にいながらパソコンで、出先からスマートフォンでの申し込みも可能です。

トップへ戻る