サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
銀行のカードローンは申し込みから契約まで面倒?

銀行は手続きが面倒なイメージ

カードローンと言えば一昔前は消費者金融で借りるのが一般的でしたが、最近ではメガバンクや都市銀行をはじめとし、地元の地方銀行でのカードローンを利用する方も増えてきています。

銀行のカードローンであれば多くは金利が消費者金融よりも低く、安心して借りられるといった点もあるため、初めてお金を借りる方からも人気です。

ただ、中には銀行のカードローンに魅力を感じていても、手続きが面倒そう、借りるまでに時間がかかりそうといったイメージを持ってしまい、消費者金融での借り入れを利用する方もいます。消費者金融が悪いわけではありませんが、銀行で借りられるなら銀行の方が金利面での負担が小さく済むので、イメージだけで銀行を避けてしまうのは勿体無いと言えます。

待たされて手間のかかる銀行窓口

銀行はとにかく面倒なイメージ

銀行は都心部においては、窓口での手続きにたしかに時間がかかります。窓口での何かの支払いや新規での口座開設など、番号札を受け取ってから全ての手続きが完了するまでに数十分といった時間を取られることもあります。

特に週末や月末、そのほか特定の日付などに関しては混雑がさらに増してしまい、銀行での手続きは何かと時間がかかる、とにかく面倒だといったイメージを普段の生活の中で持たれている方が多いです。

そのイメージのまま、銀行で借りるカードローンも「時間がかかりそう」「手続きが面倒そう」と感じてしまう方がおり、実際の内容を詳しく調べないままに最短即日融資での利用が可能となる消費者金融へと流れてしまっています。

銀行でもカードローンは別

実際に銀行は窓口での手続きは時間がかかり、面倒です。これは紛れもない事実であり、誰も否定をしないでしょう。しかし、銀行で借りるカードローンの場合は話は別です。銀行のカードローンは多くがネットでの手続きができるため、窓口のように時間がかかることも、面倒なことありません。

消費者金融やクレジットカードの申し込みと同様にネット上での申し込みフォームから手続きを進め、多くの銀行ではそのまま来店不要でカードローン契約ができるようになっています。Web上で完結する銀行もあれば、郵送での契約で来店不要とするところと様々です。

申し込みに時間を取られず、契約においても最近では銀行カードローンも審査回答が早くなっているので、最短即日での手続きも可能となってきています。

平日であれば振り込みでの最短即日融資も可能とするみずほ銀行カードローンソニー銀行カードローン、平日だけでなく土日であっても契約機を利用すれば最短即日融資も可能となる三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなど、時間の面でも優れた内容となっています。

銀行での手続きは時間がかかる、面倒で手間もかかるといった一種の先入観により、カードローンにおいても同様のイメージを持ち、借り入れの候補から外してしまうのは正しいとは言えません。

銀行でもスピーディな融資にも対応をしてくれるところは多く存在し、急な出費にも頼れるカードローンはあります。早い融資と手軽な手続きは消費者金融だけの特徴ではなくなってきているので、急ぎで借りたい状況であっても銀行カードローンは十分に選択肢に入ります

一部の銀行カードローンでは、口座を持っていれば更に早く、より手軽に手続きが進められるようになっています。書類の提出も不要となる場合もありますので、口座がある銀行から借りるのも良いでしょう。

カードローン審査が早い理由

銀行の手続きはどんなものでも時間がかかり、手間もかかるものです。しかし、いくらネットでの手続きができるとは言っても、なぜカードローンだけ早いのでしょうか。

答えはカードローンの審査にあります。銀行カードローンはほぼ全てでと言っていいほど、外部の保証会社を利用する契約となっています。保証会社での保証契約を結ぶ代わりに担保や保証人は不要としており、手軽な借り入れを可能としています。

カードローンの契約までは、銀行だけでなく消費者金融であっても、最も時間がかかるのが審査の部分です。時間がかかる審査の部分を外部に委ねることで、銀行側での手間を削減し、早い手続きでの契約ができるようにしています。

保証会社は貸し付けたお金が返ってこなければ、銀行に代わって回収を行います。つまり、事実上は保証会社が貸しているようなもので、大雑把に言えば保証会社の審査さえ完了すれば銀行側としてはOKとなります。

これが銀行での融資審査となると、企業向けの融資や住宅ローンなどのように借りるまでに多くの手間と時間がかかることとなってしまいます。しかし、保証会社が審査を行うことによって銀行側の手間を減らし、利用者側が気になる時間の削減に繋がっているのです。

保証会社は利用する銀行やカードローンによって異なります。各金融機関の公式サイト上にはカードローンの保証会社も記載されていますので、申し込み前には必ず確認をしておきましょう。

保証会社の多くは消費者金融
銀行で借りるための審査

銀行カードローンの手続きが早い理由は保証会社の審査にありますが、審査が早い理由は保証会社が消費者金融系だからといった部分があります。一部で信販系が保証会社となる銀行もありますが、やはり消費者金融系が保証会社となる銀行よりも審査に若干ながら時間がかかる傾向にあります。

メガバンクで借りるカードローンにしても、保証会社は消費者金融系です。三井住友銀行カードローンはプロミスのサービスブランドでお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三菱東京UFJ銀行のバンクイックはアコムがそれぞれ保証会社となっています。

みずほ銀行カードローンに関しては株式会社オリエントコーポレーションが保証会社となり、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のバンクイックは最短30分審査回答となっているところが、みずほ銀行は信販系が保証会社となることもあり、最短即日回答となります。

その他、じぶん銀行カードローンはバンクイック同様にアコム保証、オリックス銀行カードローンはオリックス・クレジット株式会社か新生フィナンシャル株式会社、イオン銀行カードローンは同じくオリックス・クレジット会社かイオンクレジットサービス株式会社と、ほとんどの銀行で消費者金融系か信販系が保証会社となっています。

銀行カードローンでの早い審査や借り入れを希望する方は、公式サイト上に書かれている最短での審査時間や融資の対応に加え、保証会社についても見ておくと良いです。大手消費者金融が保証会社となっている銀行カードローンであれば、早い融資に期待が持てます。

保証会社が消費者金融系でも、カードローンの審査基準は消費者金融で借りる場合とは別です。消費者金融の金利とも銀行は異なりますので、審査基準も異なるのです。

銀行も消費者金融も基本は同じ

銀行で借りるカードローンも消費者金融で借りるカードローンも、基本的な部分には大きな違いはありません。もちろん金利をはじめとする商品内容には大きな違いがありますが、銀行で借りるとは言っても消費者金融や信販系の保証審査となるため、消費者金融で借りるのと手続き上は大差はありません。

どちらで借りるにも審査を受ければ信用情報機関に履歴が残り、返済を滞納すればネガティブな情報が記録されます。また、銀行カードローンで長期に渡って返済がされなければ以後は保証会社と直接やりとりをすることとなるため、消費者金融系が保証会社となっていれば、消費者金融への返済を行います。

銀行は安心とは言っても、返済ができなければそうではありません。寧ろ銀行でのカードローンのトラブルは様々なリスクデメリットもあるため、カードローンでお金を借りる際にはしっかりとした計画を立てなければなりません。

金利が低いからと飛びつくのではなく、毎月の返済額の負担や完済までの計画など、収入と支出のバランスから無理がないかを確認してから申し込みや借り入れを行うようにしてください。

正しく使えば銀行のカードローンは便利です。使えるATMや手数料の面など消費者金融よりも優れている場合が多いので、手間も時間もかからなくなってきている銀行のカードローンを有効に活用しましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る