サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
専業主婦がカードローンで安心してお金を借りる方法

専業主婦もカードローンでお金を借りたい

働いていて安定した収入を得ているのであれば、アルバイトやパートの方でもカードローンやキャッシングは利用出来ます。ただ、専業主婦となると自身に収入を持たないため、途端に借り入れが厳しくなってしまいます。

専業主婦でもお金を借りたいときはありますが、現在の貸金業法では総量規制があるため、本人に収入を持たない専業主婦の方の借り入れは非常に難しいです。一応は例外的な「配偶者貸し付け」と呼ばれる制度はありますが、専業主婦に対しては機能をしていないのが実情です。

ネット上の情報を見ていると、「消費者金融でも配偶者貸し付けで専業主婦でもお金が借りられる」などと書かれているものもありますが、最大手のアコムはもちろん、中堅どころのダイレクトワンでも後発のライフティでも、専業主婦の利用は出来ません。

どこも利用条件に「本人に安定した収入」を設けているためで、いくら配偶者貸し付けで例外的な利用が認められているとしても、実際には融資の可否以前に、申し込みすらも受け付けてもらえないのです。

専業主婦の方がお金を借りる、カードローンを利用したいと考えたときには、消費者金融で借りられないとなるともうどこも貸してくれないのかと落ち込んでしまうものですが、そんなことはありません。

専業主婦でも安全に、消費者金融よりも安心して借りられるところがあります。それは、銀行のカードローンです。

銀行は専業主婦OKのカードローンが多い

専業主婦でも借りられる

カードローンやキャッシングを詳しく知らない方でも、一つのイメージとして消費者金融よりも銀行からの借り入れの方が審査が厳しいと感じているでしょう。認識としては間違っておらず、消費者金融で審査に通らないような信用情報の方は、銀行のカードローンの審査ではまず通りません。

しかし、専業主婦の方の場合には話が異なり、何も消費者金融の審査基準を満たせずに審査落ちとなったわけではなく、返済能力の有無問わずに申し込みを受け付けてもらえないだけです。

現在の貸金業法の下での消費者金融は、たとえ配偶者の年収が1,000万円や極端に言えば1億円あるとしても、専業主婦の方は1万円すらも貸してもらえません。常識的に考えれば年収1,000万円の世帯で、他からの借り入れがなく、初めての申し込みで1万円の融資を受けたとしても、返す意思さえあれば返済能力は疑う余地がありません。

それなのに、消費者金融では貸金業法を遵守する必要があるため、専業主婦の方へのお金の貸し付けは行いません。

対して銀行の場合には、そもそもが貸金業者ではなく「銀行」ですので、貸金業法で定めている総量規制の対象ともなりません。専業主婦の方でも、返済能力さえ認められればカードローンを利用でき、お金を借りることも可能です。

専業主婦の方がお金を借りたいと思えば、消費者金融は選択肢に入りません。銀行の中なら専業主婦でも借りられるところを見付け、金利や審査時間、融資スピードで比較をするのが最適解と言えるでしょう。

専業主婦が借りられる人気のカードローン

配偶者の同意を取る必要も無い

誰もがそうですが、カードローンやキャッシングでお金を借りる際には、出来るだけ周りには知られたくない、内緒にしたいと考えるものです。専業主婦の方は配偶者の給与所得などでやりくりをしているために特にその意識が強く、バレてしまうと何かと面倒なものです。

現実問題として利用は出来ませんが、消費者金融で専業主婦の方がお金を借りるとなった際に、認められる例外の貸し付けである配偶者貸し付けでは、「年収を配偶者と合算」が出来るため、仮に配偶者に500万円の年収があれば、専業主婦の方が申し込みをしても年収500万円として審査が行われるものです。

しかし、配偶者貸し付けは「配偶者の同意が必要」となるため、当然ながら専業主婦の方が内緒でお金借りることは不可能です。同意を取らなければならないため、嘘は通じません。実際には配偶者貸し付けで消費者金融からはほぼ借りられませんが、もし借りられるとしても確実にバレてしまう、と言うよりも打ち明けなければならないのです。

内緒で借りられないならと諦めてしまいそうですが、あくまで貸金業者である消費者金融に限った話です。繰り返しになりますが、銀行のカードローンでお金を借りるなら、貸金業者ではなく銀行ですので、無関係の話です。

銀行で専業主婦の方がカードローンを利用してお金を借りるとしても、配偶者に安定した収入があれば同意は不要としています。もちろん配偶者や職場への連絡は一切ありません。つまり、専業主婦の方でも内緒で秘密のまま、安心してお金が借りられるのです。

担保や保証人といった類も一切不要ですので、自身の信用一つでお金が借りられ、返済さえ守っていれば余計な連絡も入りませんし、何せ信頼の出来る銀行ですから、安心して利用が出来るのです。

誰にも知られずに借りられる良さが銀行カードローンにはありますので、専業主婦のお金にピンチには信頼の出来る銀行でお金を借りるようにしましょう。

申し込みはネットで来店不要が基本
ネットで内緒の手続き

最近の銀行のカードローンは手軽に手続きが出来るようになったもので、パソコンやスマートフォンで来店不要の申し込み、審査、場合によってはそのまま契約も出来ます。銀行の窓口まで行かずにお金が借りられるので、ご近所さんに見られてしまう可能性もありません。

中にはセブン銀行カードローンのように口座があればスマホで完結してしまうようなものもあるため、手軽に安心して借りられるのです。

ただ、一つ注意をしておきたいのが、借りる銀行によっては銀行口座が必要となる点です。口座が無い方はカードローンと同時申し込みも出来ますが、その分だけいくらか時間がかかってしまいますので、当日中にお金を借りるのは難しくなります。

急な出費でどうしても急ぎで借りたい方は、口座が無くとも最短即日で借りられるような素早いカードローンを利用するようにしましょう。

専業主婦の返済に関するポイント

専業主婦の方がカードローンでお金を借りるとなると、やはり気になるのは「返済」ではないでしょうか。高い利息で支払いが負担になりそう、もし返済が遅れてしまったらどうしようと不安になるものです。

利息については銀行は消費者金融よりも金利が低いため、単純な金額で比較をすれば負担は軽いです。人気の消費者金融で見ても金利はほとんどが17.8%~18.0%が上限となるので、上限金利が低いイオン銀行カードローンと比べると4%ほどの開きがあります。

とは言え、上限で13.8%の金利となり、30万円を30日間借りるとすれば、支払うべき利息は3,402円にもなってしまいます。大きな金額を目一杯に借りると利息負担が大きくなるので、専業主婦の方がカードローンでお金を借りるなら、必要最低限の金額に留めると良いでしょう。

詳しい返済の金額や計画については別ページの返済シミュレーションで行えますが、借り入れ金額を5万円にして、同金利で10日後に返済をするとすれば、支払う利息は僅か189円です。借りる金額を3万円にすれば113円の利息にしかならず、大した負担ではない余裕のある返済が出来ます。

銀行は金利が低いので毎月の分割での支払いとしても、10万円や20万円の借り入れなら月々の支払いは数千円程度で済みます。しかし、分割となるとどうしても返済期間が延びてしまい、最終的な利息総額が膨らんでしまいますので、お得に便利に使っていくなら短い期間での返済がおすすめです。

返済が遅れてしまわないように注意して使う

カードローンは時として「魔法のカード」と呼ばれるほど、一度手にすると分かる便利さがあります。自分のお金のようにカードをATMに入れればすぐにお金が借りられるので、慣れすぎてしまうと借金をしている感覚を失います。

次第に余計なカードローンによる借り入れを繰り返すようになり、楽な返済が出来なくなると返済が滞りがちになり、遅延損害金の負担も出てきてしまいます。

返済が1日や2日遅れた程度で厳しい取り立てがされるわけではありませんが、返済が遅れるのは信用情報も印象も決してプラスにはなりません。専業主婦の方に限らずですが、カードローンでお金を借りるなら基本として返済は遅れないようにし、楽な支払いが出来る範囲で借りるべきなのです。

どうしても返済が出来ない月があるとすれば、黙っていても催促の連絡が自宅にもかかってきてしまいますので、まずは借りている銀行に電話をして、事情を説明して待ってもらいましょう。しっかりと連絡をして話をすれば、相談にも乗ってくれるのです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る