サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
アコムの個人事業主向けビジネスサポートカードローン

便利なアコムのビジネスサポートカードローン

お金を借りる際、多くの方は真っ先に消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどのローン商品を思い浮かべることでしょう。正社員や公務員に限らず、安定した収入を得ていればアルバイトやパートの方でも申し込めるようになっており、実際に融資を受けることも可能です。

しかし、中にはキャッシングやカードローンの融資を受けられない、消費者金融や銀行の借り入れが利用できない方がいます。収入や年齢などの条件を満たしていても利用ができない可能性が出てくるのが、個人事業主や法人の方々です。

一般的なキャッシングは事業主や法人は対象外

フリーキャッシングは利用できない

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは、特に利用目的について厳しい制限は設けていません。強いて言えば「生計費」に限るとされており、普段の生活費やレジャー費用、交際費など、暮らしに必要となるお金としてであれば、ある程度は自由に使えます。しかし、利用目的として認められていないものもいくつかあります。

代表的なものとしては他の借金の返済に利用する目的です。無計画な返済のための借り入れとして利用をしてしまうと、雪だるま式に借金が膨らむ原因となります。銀行や消費者金融の側としても、雪だるま式に借金が増えていった結果、返済が滞ってしまうようでは元も子もありません。

もし借金の返済を目的とした借り入れを考えるのであれば、消費者金融よりも低金利で借りられる銀行カードローンおまとめローンや、または借り換えローンなどの計画的な乗り換えとなる借り方が良いでしょう。

その他、キャッシングの利用目的として認められていないものが、事業性資金としての借り入れです。事業性資金とは、会社の資金として事業に使うお金を指します。

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは、あくまでも個人を対象としたローンです。法人はもとより、個人事業主であっても、借金の目的が運転資金や設備投資の資金だったりする場合には、融資を認められる可能性はありません。

あくまで消費者向けのローン商品となるのがカードローンによるキャッシングのため、事業として使うビジネスの資金には用途は認められていないのです

事業性資金として融資を受ける場合

個人事業主や法人がお金を用立てる手段としては、公的機関や銀行からの融資が挙げられます。こういった機関からお金を融資してもらえればベストなのは、金利や信頼性の面でも見ても言うまでもありません。そのため、誰しも公的機関や銀行からの融資を受けようと考えているのですが、物事はなかなかそううまくは運びません。

公的機関から融資を受ける場合は、当然ながら消費者金融よりも低金利ですが、いかんせんお役所仕事ですので、実際に融資が実行されるために時間がかかってしまいます。特につなぎ資金や運転資金などは、すぐにでも欲しい性質の資金です。それで時間がかかってしまっては、会社存亡の危機となってしまいます。

銀行から融資を受ける場合には、これも低金利で、しかも公的機関と比べると時間もかからずなかなかのスピーディーさです。審査が早くて金利が低いとなれば良いこと尽くめですが、そんなにうまい話はありません。

銀行の融資は好条件なだけに審査が厳しいもので、不景気の時にはなかなか融資をしてくれません。せっかくの好条件であっても、融資をしてくれなかったら意味がありません。

アコムのビジネスサポートカードローン

公的機関の融資は間に合いそうも無い、銀行では厳しそうといった状況の次善の策として、アコムで提供している「ビジネスサポートカードローン」が人気です。アコムと言えば個人向けのキャッシングローンとして有名ですが、事業資金としての貸付となるビジネスローンもあります。

便利で手軽な分だけ、公的機関や銀行からの融資と比べれば金利が高いのは仕方ありません。それでも、金利が高いデメリットを補ってあまりあるメリットが存在します。

まず、保証人や担保が必要ない点です。公的機関や銀行から融資を受ける際には、担保や保証人が必要なケースがほとんどです。製造業や運送業であれば、工場の機械や運送用の車を担保にしてお金を借りることも出来ます。しかし、サービス業で特に担保にすべきものもない場合には、非常に苦しくなります。

景気の良かった時代ならまだしも、このご時勢では進んで保証人になろうと言ってくれる人もなかなかいません。アコムのビジネスローンであれば、通常のキャッシングと同様に、担保も保証人も必要ありません。

次に、スピーディーであることです。公的機関の融資には特に時間がかかってしまいますが、アコムのビジネスローンは、それとは比べ物にならないほどの早さなのです。アコムと言えば、無人契約機の「むじんくん」で有名であり、ビジネスローンの契約にも全国に設置の「むじんくん」は使え、最短でその日のうちに融資を受けられるようになっています。

ビジネスサポートローンであれば、総量規制の対象外であるのも大きなメリットでしょう。総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りることが出来ないルールであり、通常のキャッシングの場合には、アコムも総量規制の対象となります。

しかし、アコムの商品でもビジネスローンは総量規制の対象外です。というのも、法人の借り入れはもちろん、個人事業主であっても事業性の資金であれば、年収の3分の1以上を超える借り入れが出来ると明記されているからです。

その他のアコムならではのメリットと言えば、限度額の範囲内であれば何度でも利用できる点です。通常の事業融資の場合には、融資を受けるたびに申し込んで審査を受けなければなりません。これは非常に面倒なものです。

アコムのビジネスローンであれば通常のキャッシングと同様に、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借りられ、困ったときに必要な分だけ用立てられるのです。

アコムのビジネスローンの手続き方法
手続き方法は様々

メリットたくさんのアコムのビジネスサポートカードローン、どうやって申し込むのでしょうか。手続きをする際の状況によっていくつか選択肢がありますので、見て行きましょう。

まず、既にアコムのキャッシングを個人で利用している人は、専用のフリーダイヤルに電話をしてください。アコムを利用したことがない方であっても、希望金額と他社からの借り入れが年収の3分の1超である場合には、通常のカードローンに申し込むことは出来ないので、ビジネスローンに申し込むためにフリーダイヤルに電話をすることとなります。

電話口のオペレーターから、必要な書類や契約方法などについて説明があり、特に問題がなければ早ければその場で審査が行われます。審査の結果、融資が可能の場合は担当者の個人名でメールや電話での連絡が来ます。

一先ず審査に通過すれば、あとは契約となります。さすがに契約は電話では行えませんので、アコムの店頭窓口や無人契約機「むじんくん」を使った方法と、郵送を使った方法とがあります。

個人事業主の方がビジネスサポートカードローンを利用する際には、現在の借り入れやアコムでの希望額が年収の3分の1を下回っていれば、通常のカードローン同様にネットで申し込み手続きが進められます。

人気
★★★★★
アコム
個人事業主の方でも頼れる、素早い審査と融資で借りられるカードローンサービス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円最短30分最短1時間
個人事業主の方が年収の3分の1以下の借り入れを利用するのであれば、ネットでスマホからでも申し込みが行えます。年収の3分の1を超える金額となるとビジネスサポートカードローンの利用となり、金利や限度額などの条件も変わってきます。
※上記の金利や限度額は通常のカードローンの条件となります。ビジネスサポートカードローンにつきましては、コールセンターや公式サイト上でご確認ください。
アコムのビジネスローンの注意点

銀行や公的機関からの融資に比べて手軽で素早いのがアコムのビジネスローンの魅力ですが、良い点ばかりではなく悪い点、注意すべき点もいくつかあります。

まずは、法人は対象外となります。アコムのビジネスローンが対象とするのは、あくまでも個人事業者のみです。個人事業者とは、法人化されていない事業の代表者となります。社員が1人であっても、法人化されていればそれは個人事業主とは言いません。

また、業務歴が短すぎてもいけません。少なくとも1年以上は事業を続けていないと融資を受けることが出来ません。ビジネスローンと聞くと法人でも利用出来るように思えますが、アコムのビジネスサポートローンについては対象外なのです。

個人事業主の方にはメリットの多いアコムのビジネスローンは、少額のやりくりには適しています。しかし、金利が銀行などに比べると高くなってしまいますので、多くの金額を長期間にわたって融資してもらうには、あまり向いていません。

短期の運転資金やつなぎ資金としては、アコムのビジネスローンは向いていると言えます。だからと言って頻繁に借りてしまったり、何かと借金に頼ってしまうのも良くありません。

なるべくなら借りないように済むように、本格的な事業資金としての融資を考えているなら、低い金利で返済にも余裕が持てる金融機関から借りるようにしましょう。

トップへ戻る