サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 目的ローンを探す »
住宅ローンを利用する前に

住宅ローンはよく見ておきたい

非常に大きな借り入れとなる住宅ローンは、しっかりと比較や検討をした上で利用をするべきです。住宅購入時のローンは不動産屋や住宅業者からのすすめでローンを組む場合が多いですが、何もそのままのローンで払い続けなければならないわけではありません。

返済中に他に金利の低いローンがあれば借り換えを検討しても良く、低金利の住宅ローンに乗り換えが出来れば今後の数年や数十年に渡る返済の負担も軽くなります。今の時代、住宅ローンは低金利となっていますので、今現在は他の住宅ローンを利用している方でもよく比較や下調べをしておくと、更に低金利で借りられる可能性があるのです。

様々な角度で比較をしておく

住宅ローンの比較をする際には、単純に金利だけで比べるのは推奨できません。住宅ローンには様々な付帯保険や手数料などが存在する場合があるため、総合的に判断をしないと目先の金利に釣られてしまい、結果的に損をする可能性があります。

もちろん金利が重要なのは言うまでもありませんが、金利も含めてよりお得な住宅ローンを利用するためには、様々な角度で総合的に比較をする必要があるのです。

住宅ローン利用時に見ておきたい記事

住宅ローン減税を利用して賢くマイホームを購入しよう

「住宅ローン減税」とは、10年間にわたって、住宅ローンの借り入れ額の年末残高の1%が所得税から控除されるという制度です。所得税から控除しきれなかった分は、住民税から控除されます。

住宅ローンで目にする全期間固定金利フラット35とは?

住宅購入を検討していると目に耳に飛び込んでくる「フラット35」。各銀行とも、固定金利の住宅ローンはフラット35が販売の主力となっていると言えます。

固定金利の住宅ローンに存在するメリットとデメリット

変動金利にするか固定金利にするか、住宅ローンを組む人が、必ずと言っていいほど通過する分岐点です。住宅ローンの取り扱いのある金融機関ならほとんどがどちらの金利も商品があり、借りる際には悩んでしまいます。

金利の低い変動金利で組む住宅ローンは得?損?

まず変動金利とは何かですが、読んで字のごとく、住宅ローンの返済中に金利が変動する契約のことを指しています。

期間固定金利の住宅ローンが主流になりつつある?

「期間固定金利」という住宅ローンの金利コースは、もしかしたら耳慣れないものかもしれません。しかし、銀行各行において現在は主力となりつつある住宅ローンが、この期間固定金利なのです。

住宅ローンの返済は元金均等と元利均等のどっちが良い?

重要となる住宅ローンの返済負担も大きく変わりますので、元金均等と元利均等のそれぞれの基本や特徴について、しっかりと知っておきましょう。

消費税増税の影響で住宅を購入しにくくなったのか

消費税が上がってしまったから住宅が買いづらくなったと短縮的に考える前に、国が打ち出す住宅支援策について知っておきましょう。

メガバンクの住宅ローンは安心が出来る大きな利点

メガバンク一行一行の特徴ではなく、ネット銀行と比較したメガバンク全体の長所と短所について簡単に見てみます。それぞれの利点や欠点を知った上で住宅ローンを利用すれば、より良いローンが組めるようになるでしょう。

住宅取得の資金援助で知っておきたい2つの節税制度

メガバンク一行一行の特徴ではなく、ネット銀行と比較したメガバンク全体の長所と短所について簡単に見てみます。それぞれの利点や欠点を知った上で住宅ローンを利用すれば、より良いローンが組めるようになるでしょう。

知っておきたい住宅ローンに必要となる諸費用の負担

住宅を購入するときには、土地を取得するための諸費用、建物を購入するための諸費用など、土地や建物自体の価格以外にさまざまな諸費用が必要となってきます。

住宅ローンに必須の団体信用生命保険とは何か

住宅ローンを組むのであれば知っておかなければならない必須の「団信」は基本中の基本とも言えますので、理解をしておきましょう。

一般の生命保険と比べて団体信用生命保険は有利なのか

ほとんどのローンで銀行が保険料を負担することになる「団信」ですが、言い換えれば金利に保険料が含まれているということでもあります。

生活習慣病に住宅ローンの保険で備える?

団体信用生命保険(団信)のバリエーションとして、死亡や高度障害状態以外にもローンの残債満額が返済されるものがあります。

どうすれば通る?住宅ローン審査の仕組みを理解する

住宅ローンを組むときには、二度に渡って審査が行われます。一度目は、銀行など金融機関が行う「事前審査(仮審査)」、二度目は信用保証会社が行う「本審査」です。

住宅購入はローン以外にも様々な諸費用がかかる

住宅購入時にかかる諸費用は、ローン諸費用だけではありません。ローン諸費用も含めた諸費用総額は、多くなれば新築住宅でも、売買代金の約10%にものぼるとされています。

総合的に点検したい住宅ローン借り換え時の注意点

現在は空前の低金利時代です。巷では住宅ローンの借り換えによる負担軽減が喧伝されています。しかし、なんでも借り換えれば良いというものではありません。

トップへ戻る