サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
急な出費や突然のお金にピンチに頼れるキャッシング

お金は突然必要になることが多いもの

普段の暮らしの中で、お金に余裕があるとは思っていても、急な出費によって財布の中身や銀行口座残高がピンチになってしまう状況も多々あります。全てが計画通り、想定通りに進むとは限らず、友達や親戚、同僚や上司の冠婚葬祭が立て続けに来た場合などは、どうしてもお金が足りなくなるものです。

本来であれば、そんなときのためにいくらかの蓄えを持っておきたいのですが、誰もが貯金が出来るほどに余裕のある生活を送っているとは限りません。月々の暮らしはギリギリ、何とか持ちこたえているものの、出費が重なって足りなくなってしまう方もいます。

急な出費に便利な消費者金融の即日対応キャッシング

お金が急に必要でも安心

お金が突然必要になった、手持ちのお金が立て続けの出費で無くなってしまったときには、消費者金融のキャッシングが便利です。金利こそ低くはありませんが、やはり申し込みをした当日に借りられる利便性、スピード感は頼れるものであり、ネットでの来店不要申し込みが出来る手軽さもあって、人気を集めています。

申し込みはネットで行えても、週末や規定時間外では当日中に借りられない場合が多いです。しかし、一部の大手消費者金融では週末の土日でも即日融資に対応していますので、自動契約機が開いている時間帯であれば、審査にさえ通過して在籍確認が取れれば、当日中にお金が借りられるのです。

何としてでも今日中にお金が必要であれば、時間帯や曜日にもよりますが、ネットでの申し込み後の契約機でのカード受け取りを考えておくと良いでしょう。契約機でのカード受け取りなら、不安に感じる後日の自宅宛のカードや契約書類の郵送も無く、安心して借りられるのです。

契約機まで行くのは嫌、カード類が自宅に届くのも嫌だと思う方は、郵送物もカードも無いモビットのWeb完結を使ってみるのも、一つの手であると言えるでしょう。

急な出費でもお金の使い道は今一度よく考えてみる

急にお金が必要になった状況では、焦りが先行してしまうので、お金の使い道や必要性についての考えが疎かになりがちです。本当にそのお金は必要なのか、少し我慢すれば良いのではないか、給料日後ではいけないのかなど冷静になってじっくりと考えてみると、意外にも「借りるまでもないか」と気付く場合もあります。

もちろん金融会社側としてみれば借りてほしいのですが、借りても返済がされないと困ってしまいます。それは利用者側も同じであり、借りたお金が返せなければ事故情報が信用情報に記録されてしまいますので、今後のローン審査にも大きな影響が出ます。

来店不要で手軽になった近年のキャッシングでは、総量規制によって借り入れの制限が出来たとは言え、昔よりも深く考えずに借りてしまって、多くの借金を抱えてしまう方も多くなっています。

総量規制で定めている年収の3分の1まで借りてしまったときに、やっと後悔をするのです。言うまでもありませんが、そのような状況になってから後悔をしたのでは、遅すぎるのです。

多重債務にならないように必要な分だけ借りる

否定的な意見が多くなりましたが、ここまでの話はあくまで「無計画に借りた場合」です。出費が重なってしまって手持ちのお金が無くなり、必要最小限のお金を消費者金融のキャッシングで借りるのであれば、決して悪いものではありません。

キャッシングの利息計算借りているお金期間に対したものとなっているため、必要な金額だけを借りて、給料が入り次第すぐにでも返済を行うのであれば、ネックとなる利息負担も大したものではありません。

しかし、借りられるからと限度額があればあるだけ借りてしまい、月々の分割返済としても最低限の支払いしかしないと、最終的な利息総額は大きく膨れ上がってしまうことでしょう。

しっかりと考え、いくら借りていつまでに返す予定か、最終的な利息の負担も返済シミュレーションで確認をしつつ、適度なキャッシング利用とすれば暮らしにきっと役立つものとなるはずです。

急な出費で役立つお得なサービスも最大限に活用

一昔前のグレーゾーン金利時代に比べれば、数も減った準大手から大手の消費者金融も、総量規制によって貸し出しの規制がある中で、言ってみれば顧客の取り合いをしています。

一人あたりにいくら貸そうが自由であった昔なら、貸し付けノルマを達成したいと支店が考えれば、どう見ても返済がパンクしそうな人にも貸していたものです。顧客の数だけ業界全体の貸し付けが青天井のように上がるような時代で、だからこそ現在の総量規制の施行となった背景もあります。

しかし、現在の顧客一人あたりは、一部の特殊な例外を除けば貸金業者間では年収の3分の1までしか貸せません。業界全体の顧客が平均年収300万円で100人だとすれば、貸し付けられる金額は、300万円の3分の1である100万円×100人で10,000万円(1億円)までとなります。

既に全体で5,000万円の貸し付けがされているとすれば、残された5,000万円の貸し付け枠をかけて、消費者金融者同士で顧客を取り合っているのです。

消費者金融同士の競争も激しい

もちろん新規の顧客の流入、或いは流出もあるので、単純には上記のようには言えません。それでも限られた顧客の枠を奪い合っているのには変わりなく、各社ともに他とは違う独自のサービスを提供している場合があります。

中でも実施しているところが多く、比較的好評なのが無利息で借りられるキャッシングで、利用先によって設けられる様々な条件を満たした借り入れについては、一定期間利息が付かない金利ゼロの貸し付けとなるものです。

期間を過ぎてしまえば利息が付きますが、急な出費で少しの金額を次の給料日までの間だけ借りたい、と考える方にはぴったりのサービスです。期間もプロミス(Web明細の利用登録と、メールアドレス登録が必要 ※どちらも無料)やアコム(無担保カードローンを初めて利用する方、返済サイクルを35日ごとにした場合)なら30日間長い無利息期間が付きますので、無駄なくお得に借りられるようになります。

なるべくなら普段から余裕を持たせておきたい

便利なキャッシングも、にしてしまうと返済に追われてしまいます。「お金が無ければ借りれば良い」と考えてしまうと、普段の生活の無駄も省けなくなってしまうことでしょう。

緊急時には頼れる消費者金融のキャッシングも、出来るだけ常時の利用は避け、可能な限り普段からお金には余裕を持たせるような生活を、出来る範囲で心がけていきたいものでもあります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る