サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 関東地方の地銀情報一覧 »
横浜銀行カードローンは金利も限度額も優れた条件

比べて分かる横浜銀行カードローン

来店不要で最短即日利用も可能となる横浜銀行カードローンは、金利は年1.9%~14.6%、限度額は10~1,000万円と、下限金利で見れば低金利とされるソニー銀行カードローンよりも低く、限度額にしても最高1,000万円は東京スター銀行のおまとめローンと同水準となります。

オリックス銀行カードローンイオン銀行カードローンの最高800万円の限度額よりも高く、横浜銀行カードローンは数ある銀行のカードローンの中でも優れた条件での借り入れも可能となります。

ネット申し込みで来店不要

自由度の高いカードローン

最近では多くの銀行で来店不要の契約が出来るようになっており、横浜銀行のカードローンでも来店不要で手続きが進められます。契約書は郵送かFAXが必要となるのでWeb完結とはいきませんが、平日の昼間は忙しい方でも横浜銀行カードローンは問題なく手続きが進められるようになっています。
※申し込み後の審査回答は、時間や手続きの状況にもよりますが最短で即日です。

申し込みにしても契約にしても、当然ながら入会金や年会費などの手数料一切必要ありません。カードローンの利用をすれば借りたお金や金利、期間に応じて利息は発生しますが、利用をせずにカードを持っているだけであれば余計な費用はかかりません。

横浜銀行カードローンは手軽なネットからの「カンタン申し込み」で手続きが進められ、今まで横浜銀行と取引が無かった方でも利用が出来ますので、困ったとき、急な出費でお金が必要になったときには、ネットでの申し込みを進めてみましょう。

第0位
★★★★★
横浜銀行カードローン
来店不要で最短即日利用も可能となる、素早い頼れる低金利カードローン
金利借入限度額審査時間所得証明
年1.9%~14.6%10~1,000万円最短即日300万円まで不要
地方銀行でありながらも、横浜銀行カードローンは来店不要で申し込みができます。大きな限度額と低い金利で様々な用途に利用ができ、生活費などの出費のほか、借り換えやおまとめローンとしての利用も可能となっています。毎月の返済金額は借り入れ残高によって決まるため、多くを借りなければ月々の返済額を小さく抑えられ、計画的なゆとりのある返済を進められるのも魅力です。また、限度額300万円までなら所得証明書が不要となる点にも注目です。

段階的に下がる金利で借りる

どこで借りるにも金利は幅が持たれているので、どの程度の金利が実際に適用されるのが分かりづらいです。しかし、横浜銀行カードローンは限度額に応じて適用される金利が変わり、希望する限度額に応じた金利を見ておけば返済計画も立てやすくなります。

限度額 金利 限度額 金利
100万円以下 年14.6% 600万円超
700万円以下
年4.0%
100万円超
200万円以下
年11.8% 700万円超
800万円以下
年3.5%
200万円超
300万円以下
年8.8% 800万円超
900万円以下
年3.0%
300万円超
400万円以下
年6.8% 900万円超
1,000万円未満
年2.5%
400万円超
500万円以下
年4.8% 1,000万円 年1.9%
500万円超
600万円以下
年4.5% 変動金利

単純に大きな限度額となれば金利が下がるため、収入が高いレベルで安定しているような方であれば、低い金利の高い限度額での契約で、有利に借りられる可能性もあります。

また、限度額はあくまで限度額であり、借り入れ残高ではないため、仮に限度額が1,000万円で契約をした場合には、1万円だけを借りたとしても適用される金利は年1.9%です。大きな限度額で契約が出来れば、まとまった金額を借りる借りないは別として、少額であるとしても低い利率で借りられるのが横浜銀行カードローンの良さなのです。

幅広い使い道で頼れるカードローン

便利な横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは事業性資金としての借り入れには対応をしていませんが、個人が使う範囲であれば広い用途で利用が出来るようになっています。生活費や支払いの費用、引っ越し、レジャーや買い物のお金など、健全な消費性資金であれば自由に使えます。

また、横浜銀行カードローンはおまとめローン借り換えローンとしての利用にも対応をしているので、他社からの借り入れを横浜銀行カードローンに一本化、または借り換えれば、今後の返済負担が軽くなる可能性があります。

借り換えやおまとめとして借りる場合には限度額も大きくなりがちですが、横浜銀行カードローンでは大きな限度額が用意されており、さらに借り入れ限度額が300万円までであれば所得証明書類不要となるため、まとまった金額を借りるにも適するカードローンと言えます。

どこでも申し込み時に必要となる免許証などの本人確認書類とは違い、収入を証明する所得証明書類はすぐには用意が出来ない場合もあります。特に外出先や仕事の休憩時間にスマートフォンから申し込む場合には、財布に本人確認書類は入っていても、所得証明書類まで用意が出来ていない方がほとんどです。

しかし、横浜銀行カードローンであれば300万円までは不要となるので、大きな金額も用意すべき書類を少なくして借りられるようになっているのです。

返済金額を抑えて借りられる

毎月に少しずつ、多くの金額を返せなくても安定して支払いが続けられる方も、横浜銀行カードローンなら利用もしやすいと言えます。毎月の返済金額は10万円以下の借り入れ残高なら2,000円となるため、大きな金額を借りないようにすれば少しずつの返済でカードローンの利用が出来るのです。

いくら借りられるかではなく、毎月にいくら返せるかを判断し、そこから借り入れ金額を考えるのも計画的なカードローン利用と言えますので、月々の返済金額が抑えられる横浜銀行カードローンは、少しずつ支払いたい方にも適しているのです。

借入残高 返済金額 借入残高 返済金額
2千円超
10万円以下
2,000円 300万円超
350万円以下
40,000円
10万円超
20万円以下
4,000円 350万円超
400万円以下
45,000円
20万円超
30万円以下
6,000円 400万円超
450万円以下
50,000円
30万円超
40万円以下
8,000円 450万円超
500万円以下
55,000円
40万円超
50万円以下
10,000円 500万円超
600万円以下
60,000円
50万円超
100万円以下
15,000円 600万円超
700万円以下
65,000円
100万円超
150万円以下
20,000円 700万円超
800万円以下
70,000円
150万円超
200万円以下
25,000円 800万円超
900万円以下
75,000円
200万円超
250万円以下
30,000円 900万円超
1,000万円以下
80,000円
250万円超
300万円以下
35,000円 1,000万円超 85,000円

前月の返済後の残高が2,000円以下の場合には、2,000円を上限として前日までの利息を含む金額が返済金額となります。詳しくは横浜銀行カードローン公式ウェブサイト上でご確認ください。

他のカードローンとの併用には注意

横浜銀行では、事業性資金を除く自由な用途で利用が出来る横浜銀行カードローンの他に、バンクカードローンの用意もあります。両方のカードローンの利用も出来るようになっていますが、バンクカードローンと横浜銀行カードローンの借り入れ限度額が300万円を超える場合には、所得証明書類の提出が必要となります。

通常の横浜銀行カードローンの利用だけであれば、横浜銀行では300万円までは所得証明書類の提出は原則不要としています。しかし、バンクカードローンを利用している場合には、横浜銀行カードローンの限度額が100万円などであるとしても、総額で300万円を超えると書類を用意しなければなりません。

横浜銀行との取引が無い方にとっては特に気にする点ではありませんが、横浜銀行で他のカードローン商品を利用している方は、利用状況の確認をしておいた方が良いでしょう。

トップへ戻る