サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
契約後にカードが止められる可能性と正しい対処法

消費者金融のカードが使えない

消費者金融だけなく銀行でも同じですが、カードローンによるキャッシングは文字通りカードでキャッシングローンを利用します。対応する提携ATMカードを使った借り入れや返済が行え、限度額内であれば繰り返し何度でも借りられるので大変便利です。

しかし、状況次第ではカードが使えなくなる場合があります。もちろん何ら問題なく利用をしていればカードが止められるといったことは起こり得ないのですが、利用状況等によってはカードの利用停止となってしまう場合があります。

利用停止となってしまったカードはATMに入れても使えず、クレジットカードの場合にはそのままATM内にカードが没収されるケースもあります。没収となるまでは相当なものですが、通常であれば利用ができませんといった形でカードが返ってきてしまいます。

借りられると頼っていたカードが使えないと困ってしまうものですが、なぜカードが止められてしまったのかの原因を知り、正しい対処法を取ることによってカードが復活される可能性があります。慌てず焦らずに、まずは自身の状況をしっかりと確認してみましょう。

返済ができていない状況

返済ができていなければ借りられない

返済の期日を大幅に過ぎているにも関わらず、しっかりとした金額の入金が行われていない場合には、ほとんどでカードの利用が一時的に停止されます。返済がされるまで利用の停止となり、カードは返済専用となってしまうのです。

カードが使えないと悩む方で最も多いケースであり、返済ができないからと借りたお金でそのまま返済をしようと甘く考えていると陥りやすい状況とも言えます。

借りたお金で返済をするといった行為は大変危険で、既に自身の返済能力を超えた借り入れを重ねてしまっている可能性すらあります。貸金業者や銀行にしてもそこまでリスクを犯して貸し付けは行わないので、カードの利用は停止されるのです。

他社の利用状況を含めた信用情報にもよりますが、返済の遅滞によるカードの利用停止は、程度が軽ければ正常に返済を進めることで解除される可能性が高いです。しっかりとした入金を済ませ、念のためにコールセンターに連絡を入れておけば確認ができるでしょう。

他社の借り入れが増えすぎた場合

消費者金融を含む現在の貸金業者からの借り入れは、年収の3分の1までと総量規制によって定められています。一部で例外となる貸し付けこそありますが、基本的には消費者金融からの借り入れは年収の3分の1までと考えておいて問題はありません。

大手のプロミスでもアコムでも、その他の中堅消費者金融でも同様で、クレジットカードのキャッシング枠も含めるために借り入れの総額には注意が必要です。

大手でも中堅でもしっかりとした審査は行っており、それぞれ信用情報機関で情報の共有を行っているために消費者金融で年収の3分の1以上を借りることはできませんが、近い水準まで借り入れが増えている場合には、カードの利用停止となる可能性もあります。

どの程度の借り入れ総額で影響が出るかは各サービスの基準により、借り入れ先が一つ増えるだけでカードの停止とはならずとも限度額が制限されるなどの場合もあります。

やはり借り入れが増えればそれだけ返済への負担も大きくなるため、返済に影響が出そうと判断されればカードが止められる可能性も十分に考えられます。継続してカードを使っていきたいなら、余計な借り入れは増やさない方が良いでしょう。

もし借り入れを増やしたことが原因と思われるカードの利用停止や限度額の減額となった場合には、単純に借り入れを減らせば良いだけです。余計な借り入れ先は全て完済をしておけば、今後の自身のキャッシング利用においても安心ができます。

カードローンキャッシングを安心安全に使っていくなら、借り入れは余計に増やさないようにしてください。多くの借金を抱えると返済が大きな負担となるため、注意が必要です。

契約情報が異なる場合

登録情報には注意

申し込み時に入力をした各種情報と実際の契約者の情報が異なる場合も、カードが止められる可能性があります。例えば申し込み時点から引っ越しなどによって住所が変わっている際には、しっかりと連絡をしておかないとカードが止まる場合があるのです。

住所や勤務先が変わったのを申告せずに別のカードに申し込みを行うと、信用情報機関には別の住所や勤務先の情報が記録されることになります。消費者金融も銀行も、申し込み時点だけでなく契約中でも与信審査を行っているため、異なる住所や勤務先が出てくるとチェックがされてしまう場合もあります。

よほど大きな違いがなければ、カードが止まるよりも先にまずは本人宛に確認の連絡が届きます。しかし、電話番号も変わっていて伝えていない、虚偽情報であるなどの連絡が取れない状況であれば、本人自体の確認の取りようがないのでカードは止められる可能性が高くなります。

引っ越し先の住所は教えたくない、転職をした勤務先は連絡が来ると困るから知らせない、電話がかかってくると嫌だから電話番号を変えたことは言わないでおくけど、お金は今まで通りに借りたいといった甘い考えはさすがに通用しません。

自分だけに有利になるような状況でキャッシングの利用ができるほどカードローン契約は緩くないので、契約にかかる情報が変わった際にはしっかりと連絡を行うようにしてください。

勤務先が変わった場合には、再び在籍確認の連絡がされるかは借り入れ先によって対応が変わります。気になる方はコールセンターで確認を取ってみましょう。

年齢の条件を超えてしまった方

利用状況に何ら問題が無いとしても、各サービスで定める年齢の条件を超えてしまった場合にはどうにもなりません。どの利用先でも年齢の上限を設けているので、それまでしっかりと返済をしていたとしても今後は返済専用となってしまいます。

銀行などの金融機関では利用状況によって相談に乗ってくれる場合もありますが、消費者金融では年齢に対しては比較的厳しいとされています。満70歳までと決めていれば70歳の誕生日時点で借り入れが行えなくなり、返済を進めるしかなくなります。

ただ、年齢の条件を超えたからといった直ちに全額の返済をするわけではありません。今まで通りのプランで返済ができるので、無理に一気に全額の返済を行う必要はないのです。

年齢条件に関しては上に挙げたケースとは異なり利用者側ではどうにもなりませんが、いきなり全額をすぐに払うわけではないので、追加で借りられないだけで返済の面で考えてみれば安心です。

年齢の条件は各サービスによって異なります。一般的に銀行の方が上限は厳しくなっていますが、利用状況によっても変わるので相談をしてみましょう。

カードが止められるようなことはしない

年齢に関しては仕方がありませんが、それ以外の自身の利用状況によってカードが止められるようなことは、決して起こさない方が良いです。カードを止められるのはよほど状況が悪く、今後の利用においても何も良い点はありません。

一度でもカードが止められるような状況となってしまえば今後の限度額の増額審査も厳しくなり、今の限度額のままでしか借りられない可能性があります。また、借り入れ先によっては契約期間の更新がされず、結局は今後にカードが使えなくなってしまう場合もあります。

便利なカードローンによるキャッシングも、使いすぎてしまうと自身を苦しめてしまいます。無理のない範囲で計画的な利用ができるようにしておけば、キャッシングは暮らしに役立つ便利なサービスとなることでしょう。

カードの停止がされてしまえば、借り入れをアテにしている状況では予定が狂ってしまいますので、決してカードが止められるようなことが無いよう、正しくキャッシングの利用を進めるようにしてください。

様々な状況でカードが止まる可能性はありますが、正しく利用をしているのであれば無縁な話です。しっかりとした返済を進め、余計な借り入れを増やさないようにしておけば気にするまでもありません。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る