サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
免許証だけでお金が借りられる即日融資キャッシング

免許証があればお金が借りられる

お金を借りるとなるとあれこれと面倒な手続き、多い必要書類をイメージしますが、最近では免許証だけでお金が借りられる、最短即日融資でキャッシングの利用が出来る消費者金融、または銀行も増えてきています。

ネットで、特にスマートフォンから申し込みをする場合には、必要書類が多いとそれだけで手続きを進めるのが面倒に感じてしまいます。しかし、免許証だけでお金が借りられるのであれば、外出先での手続きも特に面倒なことはなく、滞りなく進められるようにもなります。

交付さえ受けていれば、免許証はほとんどの方が財布に入れています。財布は常に持ち歩いているものですので、お金を借りたいと感じたときに、免許証だけで借りられるのであればスピーディに契約、キャッシングの利用が出来るようになるのです。

免許証だけで借りられる消費者金融

免許証でキャッシング

早い融資で借りるなら、やはり消費者金融のキャッシングが銀行よりも優れている部分が多いです。契約後の利用においては消費者金融も銀行も変わりありませんが、金利などの部分を考慮せず、とにかく早くに借りたいと考えるなら人気のある消費者金融が良いでしょう。

数ある消費者金融の中でも、免許証だけでお金が借りられると評判になっているのが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。TVCMでもお馴染みの大手サービスで、パソコンでもスマートフォンでも、ネット申し込み後の審査回答は最短30分、振り込みによる即日融資も平日14時までにWeb契約を完了させると対応も可能と、急ぎのキャッシング利用に適しています。

また、平日の14時を過ぎた時間、土日などの銀行が営業をしていないときでも、プロミスならネット申し込み後に近くの契約機まで行くと、その場でのカードの受け取りとATMでの借り入れも可能となります。

契約機を利用する際には営業時間内に契約を済ませる必要があり、手続きの内容によっては翌営業日以降の扱いとなる場合もあります。夜まで営業をしている契約機が多いですが、念のため、申し込みだけはネットで早めに進めておくと良いでしょう。

人気消費者金融
★★★★★
プロミス
50万円までなら免許証だけでお金が借りられる、女性にも安心の大手キャッシング
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミスでの契約が50万円以下、他のキャッシングの利用がある方は合計で100万円を超えない契約であれば、免許証だけでお金が借りられます。超える場合には収入を証明する書類の提出が必要となりますが、収入証明と言われても何を提出すべきか迷ってしまい、契約に手間取る可能性があります。免許証だけでお金が借りられるのであれば、余計な書類を用意しておく必要はなく、提出も手軽にネット上で行えるので、早くにキャッシングを利用したい方も安心なのです。

女性専用のレディースプロミス

プロミスでは女性専用のサービスを用意しています。商品内容に違いはありませんが、女性のオペレーターが対応をしてくれるので、安心して契約を進めたい女性の方は、専用のサービスを使うと良いでしょう。
レディースプロミスはこちら

申し込み内容や審査結果によっては、50万円を超えない場合でも免許証以外に書類が必要となる場合があります。

プロミスの瞬フリで土日も来店不要

免許証だけで50万円までお金が借りられるプロミスでは、通常の銀行振り込み融資では対応が出来ない時間や曜日であっても、瞬フリのサービスを使うと来店不要最短即日融資も可能としています。

利用のためには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要となりますが、どちらかの口座を手続きが出来る時間内にウェブ上の会員メニューから登録をしておくと、24時間対応の最短10秒振り込みで借りられるようになります。

一部メンテナンスなどによって利用が出来ない時間帯がありますが、それ以外は平日の夕方や夜でも、土日や祝祭日であっても素早く振り込みによってお金が借りられるので、免許証と三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、プロミスではより便利に素早くお金が借りられます。

免許証の提出もスマートフォンのカメラで撮影したものをウェブ上で送信が出来るので、多くの手続きが来店も郵送も不要で進められるのも、大きなメリットです。

収入証明が不要で借りられるところ

本人確認書類でお金を借りる

免許証だけというよりは、収入証明書類が不要で借りられる消費者金融、銀行は数多くあります。特に最近では銀行は収入証明書類を必要とする契約額を引き上げている傾向にあるため、大きな金額を借りない限りは、免許証を含む本人確認書類があれば手続きが出来るようになっています。

いくつか挙げてみると、希望額や契約額が300万円まで収入証明書類を原則不要とするのが、ソニー銀行のカードローンオリックス銀行カードローンイオン銀行カードローン住信SBIネット銀行カードローン静岡銀行カードローンのセレカです。

上記の銀行カードローンは、300万円までの利用であれば原則として収入証明書類は不要です。審査の結果によっては300万円に満たない金額でも必要となる場合はありますが、基本は大きな金額を借りない限りは不要としているので、面倒な書類の用意をするまでもありません。

また、消費者金融各サービスでも、50万円以下、他社合計で100万円を超えなければ収入証明書類が不要、免許証でお金が借りられるところがあります。大手のアイフルアコムでも、プロミス同様に一定額までは基本として収入証明書類は不要としています。

金額で見れば銀行のカードローンが優れているのは言うまでもありませんが、銀行のカードローンは初回の融資までにどうしても時間がかかってしまいます。最短即日での融資も可能とするソニー銀行のカードローンでも、口座が無いといくらかの時間が必要となるため、消費者金融のような早さはありません。

その代わりに銀行は消費者金融の金利よりも低く設定がされている商品がほとんどですので、早さを求めるか、金利を求めるかによって、必要書類と合わせて多くの項目で検討をすると良いでしょう。

申し込みをしてもお金が借りられないと意味が無いので、銀行の審査基準審査時間も気をつけておきましょう。アルバイトやパートの方は、低金利の銀行カードローンでは厳しくなります。

必要書類が少なくても注意が必要

いくら免許証だけでお金が借りられるキャッシングがあるとは言っても、審査がザルになっているわけではありません。信用情報機関に記録がされているクレジット履歴はしっかりと確認がされ、収入の安定性についても審査の重要なポイントとして見られています。

貸金業法で定める年収の3分の1以上は借りられない総量規制にかかる方や、今現在の返済が遅れている不足での入金となっている方、どうしても借りたいからと何社も同時に申し込みをしてしまっているような方は、審査には通らないと考えてください。

銀行は総量規制の対象外となるので、審査の結果次第では大きな金額での借り入れや、複数の借り入れを年収の3分の1を超えるとしてもおまとめローンで一本化をすることも出来ますが、それはあくまで高いレベルで安定した収入がある方に限ります。

年収が決して多くない方では銀行で大きな枠で借りるのは難しいので、申し込みをする際には最低限の上記の注意事項を確認したうえで、無駄な申し込みとならないように気をつける必要があります。

申し込みは立て続けに行うと全てで審査落ちとなる原因となるので、複数キャッシングやカードローンの同時申し込みはしないようにしてください。

免許証を送る際には

お金を借りる際に必要となる免許証は、素早い手続きが出来る消費者金融では、スマートフォンのカメラやデジカメで撮影、スキャナで読み取って画像化したものを、メールでの送信や指定のURLへのアップロードで提出が出来るようになっています。

銀行ではFAXや郵送が必要となる場合もありますが、有名な消費者金融ランキングでも上位にあるような借り入れ先では、手軽に手間も時間もかけず、より便利で簡単なスマホアプリを使っても提出が可能です。

ただ、特にスマートフォンのカメラを使用する場合に注意をしておきたいのが、綺麗に鮮明に免許証を撮影するということです。ぼやけていたり画像が小さすぎて文字が読めないような場合には、再度の提出を求められてしまいます。

確認が出来ないとの連絡が来た際に、すぐに綺麗に撮影をしなおし、再度の送信が出来れば良いのですが、仕事に入ってしまったり、メールや電話に気がつかなかった場合には、免許証の再送信が遅れてしまいます。

再送信が遅れればそれだけ手続きも遅れてしまうため、最初の提出で綺麗に鮮明に撮影をして確認が出来ていれば当日中に間に合った場合でも、繰り返しの撮影、提出で時間がかかり、結果的に即日融資に間に合わなくなってしまう場合もあります。

急ぎで借りたいときには焦ってしまい、あまり確認をせずに手続きを進めてしまう方もいますが、急ぎのときこそ余計な時間をかけないようによく確認をし、自分の目で画像を見て問題がないかを判断するようにしてください。

免許証だけで手軽にお金が借りられるとしても、借りれば利息がかかり、返済も必要となります。借りすぎには注意をし、計画的なキャッシングを心がけましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る