サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン特集 »
りそな銀行プレミアムカードローンの審査回答は早い

ネットで来店不要の申し込み

銀行のカードローンの中でも上限金利が優れている「りそな銀行のプレミアムカードローン」は、来店不要でネットから申し込みができるようになっています。審査回答は最短で当日中となっており、プレミアムタイプのカードローンの中でも早い審査時間となります。

カードローンの利用にはりそな銀行の口座が必要ですが、申し込み時点ではりそな銀行の口座がなくても良いので、今現在は口座をお持ちではない方でも手続きが始められます。

口座開設をするにあたってもインターネット口座を利用すれば手続きは来店不要となりますので、近くにりそな銀行の店舗が無くても、営業時間内に来店をするのが難しくても、りそな銀行の営業エリア内にお住まい、またはお勤めであればプレミアムカードローンの申し込みが可能です。

申し込みから契約まで

手続きの進め方

りそな銀行プレミアムカードローンは、インターネットでの申し込み後の契約も来店不要で進められます。ネットでの手続き後に申込書が自宅宛に郵送されますので、必要事項の記入や捺印をして返送をすれば来店不要で契約が可能です。

人気消費者金融プロミスのようにWebでの契約やWeb完結といった手続きはできませんが、プレミアムタイプのカードローンが来店不要の契約で借りられるのは、返済負担を重視するカードローン利用を考えている方にも頼れます。

また、契約にあたっては300万円までの利用であれば収入証明書原則不要です。りそな銀行に限らず銀行では三井住友銀行オリックス銀行ソニー銀行なども300万円までは収入証明書を不要としているように、消費者金融よりも大きな金額を借りるに適していると言えます。

第00位
★★★★★
りそな銀行プレミアムカードローン
事業性資金を除く健全な消費性資金であれば、目的に合わせて借りられるカードローン
金利限度額審査時間所得証明
年3.5%~12.475%最大800万円最短即日300万円まで不要
300万円型までの利用であれば収入証明書は原則不要となり、申し込みから契約までネットと郵送での手続きで来店不要で進められます。早い最短当日中となる審査回答も魅力で、申し込み当日の即日融資の利用には対応をしていませんが、審査結果だけでも早く知りたい方も安心です。全国の対応する提携ATMでキャッシュカードでカードローンが使えますので、困ったときには限度額内で繰り返し借りられるプレミアムカードローンが便利です。

金利と限度額の関係

カードローンを利用する際に気になる金利は、りそな銀行プレミアムカードローンはプレミアムの名の通りに安心の水準となっています。限度額ごとに金利が定められており、大きな金額を借りられる審査結果となれば金利も優れた内容となります。

限度額 金利 限度額 金利
50万円型 年12.475% 100万円型 年11.5%
150万円型 年11.5% 200万円型 年9.0%
300万円型 年7.0% 400万円型 年5.5%
500万円型 年4.9% 600万円型 年4.5%
700万円型 年4.0% 800万円型 年3.5%

最も少額となる50万円型の限度額であっても、りそな銀行プレミアムカードローンなら金利は年12.475%となります。同様に少額を消費者金融から借りるとなると、アイフルアコムモビットは50万円の限度額では上限金利の18.0%の適用となる場合が多いため、単純に金利での比較をすれば5%ほど低くなります。

他の銀行カードローンと比べてみても、同じく限度額ごとに金利が変わるイオン銀行カードローンBIGにおいては、50万円の利用で年13.8%とりそな銀行よりも高いです。メガバンクの三菱東京UFJ銀行が提供するバンクイックと比べても、50万円の限度額では年12.6%~年14.6%となるため、バンクイックの下限金利の適用だとしてもりそな銀行のプレミアムカードローンが優れます。

金利で比べればプレミアムの名の付く通り、りそな銀行プレミアムカードローンは優れた条件となっています。金利を重視して借りるなら、他のカードローンとよく比較をしてみましょう。

キャッシュカードで利用可能

キャッシュカードで借りるカードローン

カードローンは専用のカードを使って借り入れや返済を行うのが一般的ですが、りそな銀行プレミアムカードローンはりそな銀行のキャッシュカードでそのままカードローンの利用ができます。専用の余計なカードを持ち歩く必要がなく、財布の中でもかさばりません。

りそな銀行のキャッシュカードが1枚あれば限度額内で繰り返しの借り入れができ、返済に関しても同様です。カードローンの利便性はそのままに、キャッシュカードで困ったときに借りられるのが、りそな銀行プレミアムカードローンの良さです。

また、専用のカードが発行されない利点は他にもあります。カードローン専用のカードがあると使う際に周りの目が気になってしまったり、カードを誰かに見られて借り入れがバレてしまう可能性がありますが、キャッシュカードで利用ができればカードだけでは借り入れが分かることはありません

最近ではカードデザインからローンカードとは分からないようにしているところも多いですが、それでも見慣れないカードがあれば誰かに見られてしまった場合には、借り入れがバレてしまうのではないかと不安になるものです。

その点、りそな銀行プレミアムカードローンならりそな銀行のキャッシュカードでのカードローン利用となるので、安心して借り入れも返済も行えるようになっています。

普段からりそな銀行を利用している方も、今まで利用をしたことがなかった方も、りそな銀行プレミアムカードローンならキャッシュカードで便利に借りられます。

申し込み条件には注意

金利やその他のサービス面で優れるりそな銀行プレミアムカードローンは、50万円型の利用であれば安定した収入があれば申し込みができますが、50万円を超える限度額での借り入れの場合には年収の条件が設けられています。

前年度の年収が400万円以上で今後の収入も継続して安定する方が利用対象となり、年収をクリアしていればアルバイトやパートの方でも対象となりますが、まずは収入の条件をクリアしなければならないので現実的には厳しいと言えます。

また、収入は自身で得ているものに限られているため、配偶者に安定した収入があるとしても、専業主婦の方ではりそな銀行プレミアムカードローンの利用はできません。専業主婦の方が借りたい場合には対応するその他の金融機関のカードローンを考えてください。

専業主婦の他に学生の方も、りそな銀行プレミアムカードローンの利用はできません。年齢条件をクリアしている学生の方は、借りられる消費者金融から見ておくと良いでしょう。

毎月の返済負担をしっかり確認

りそな銀行プレミアムカードローンは、金利から考えると最低返済額が大きくなっています。借り入れ残高によって返済金額が変わり、50万円以下の利用で毎月の返済は1万円と、少額の利用であっても1万円は最低限、返済をしなければならない金額となります。

金利が低ければ返済金額は小さいかと言えば、必ずしもそうでもありません。例えば金利はりそな銀行プレミアムカードローンよりも高くなる消費者金融のプロミスでは、借り入れ金額が10万円であれば毎月の返済金額は4,000円となります。さらに、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、同じく10万円の借り入れで毎月の返済は2,000円となります。

プロミスの場合には金利が上限で17.8%と高いために最終的な利息総額は膨らみますが、毎月の返済金額を抑えて少しずつの返済を進めたいと考える方には、大きな返済金額設定となるカードローンは負担となる可能性があります。

金利を抑えて最終的な支払い総額を少なくしたいのか、または毎月の返済金額を抑えたいのかをよく考え、どのようにカードローンを利用するかを決めておくと良いでしょう。希望内容を定めてカードローンを選ぶようにすれば、失敗もしにくくなります。

金利だけで見れば優れるりそな銀行プレミアムカードローンも、利用エリアや返済金額など、気にしておく部分も多くなります。しっかりと商品内容を公式サイト上で見た上で、確認をしながら申し込みを進めてください。

トップへ戻る