サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 賢く借りるために »
カードデザインで選ぶ大手消費者金融の借り入れ先

カードデザインは気になるもの

ネットで申し込みをし、そのまま来店不要で契約までも進められる最近の消費者金融は、手軽にキャッシングの利用ができるようになっています。しかし、多くの借り入れ先ではWeb契約後にカードが郵送され、後日に受け取ることとなります。

この時点では家族に内緒でカードを受け取ったとしても、いかにも「消費者金融のカード」といったデザインであると、今後にばれてしまう可能性もあります。銀行のカードのように表面に目立つように社名やサービス名が入っていると、契約を内緒で進めてもカードデザインを見られてばれてしまうのです。

モビットのWeb完結やカードレスの選択ができるようになったプロミスなど、カードの発行自体を行わない契約方法もあります。しかし、カードは持っておいた方が何かと便利でもありますので、カードを使うとした場合を考えてカードデザインで借り入れ先を選んでみるのも良いでしょう。

銀行ならキャッシュカードで使える場合も

キャッシュカードでカードローン

銀行のカードローンはキャッシュカードで利用ができるタイプもあり、普段から使っている銀行のカードでローンの借り入れや返済が行える場合があります。

メガバンクで見てみると、三井住友銀行カードローンは口座があればキャッシュカードで利用ができ、三菱東京UFJ銀行もキャッシュカードで使えるタイプがあります(バンクイックのカードローンは別となります)。

カードを別で持ちたくないのであればキャッシュカードでカードローンの利用ができる銀行が良いのですが、カードローンの審査基準や借り入れのスピードなど、どうしても銀行が選択できない状況もあります。

その場合には、カードデザインで消費者金融の借り入れ先を選び、財布に入れていても、持ち歩いていても不自然にならないようなカードの消費者金融から借りるようにしてください。

カードデザインで比較する

借り入れ先
デザイン
プロミス アイフル モビット アコム
プロミス アイフル モビット アコム
実質年率 4.5%~
17.8%
4.5%~
18.0%
3.0%~
18.0%
3.0%~
18.0%
限度額 1~
500万円
最大
500万円
1~
800万円
1~
800万円
審査時間 最短
30分回答
最短
30分回答
10秒
簡易審査
最短
30分回答
カードの
有無
選択可能 選択不可 Web完結
なら不要
要相談
特徴
ポイント
詳細は
こちら
詳細は
こちら
詳細は
こちら
詳細は
こちら
公式サイト プロミス公式サイトはこちら アイフル公式サイトはこちら モビット公式サイトはこちら アコム公式サイトはこちら

プロミスはWeb申し込み時にWeb完結によるカードレスの選択が可能です。モビットは通常のWeb申し込みではなく、Web完結で手続きを進めるとカードレスの契約となります。
※ご希望に添えない場合もあります。

バレにくいカーデザインはどこか

大手消費者金融のプロミスアイフルモビットアコムのカードデザインの中で、何のカードか分からないのはアイフルです。表の面にはアイフルの文字はなく、非常にシンプルなデザインとなっています。

次いで分かりにくいのはプロミスかアコムです。プロミスは「SMBC CONSUMER FINANCE」と三井住友銀行でもお馴染みのロゴがデザインされており、その下に小さく「PROMISE」と記載がされているに留まります。ぱっと見ただけでは、ロゴのデザインによって三井住友銀行の何らかのカードと思えるほどです。

アコムは券面の表にアコムやacomの記載はありませんが、大きく「AC」「ac card」とデザインされています。ACカードといってもすぐにアコムとは分からず、TVCMで見せることもある券面はアコムの「ACマスターカード」となる場合が多いので、カードローン専用のものとはデザインが異なります。

何れも財布の中に入れていれば券面の半分程度まで見えたとしても消費者金融のカードとは分かりづらくなっていますが、問題はモビットです。モビットのカードデザインは2箇所に「mobit」の記載があり、カードの半分が見えただけでモビットのものだと分かります

中央部の大きなロゴ入りのmobitの文字に加え、上部の「mobit card」の記載、そして金色の目立つ券面と、カードデザインで消費者金融からの借り入れとバレたくない方には向きません。

借り入れ先によってはカードの発行は必須とはならないため、デザイン云々よりもカードが不要であれば、カードレスで借りられる、選択ができる消費者金融を選ぶと良いでしょう。

そもそもカードがいらない場合

カードのデザインが気になる、カードで消費者金融の利用がバレたくない、カード自体が不要であれば、カードレスのキャッシングサービスを考えてみましょう。利用ができる消費者金融は限られますが、カードレスであれば契約後の後日の郵送物は無く、電話連絡も不要となる場合があります。

カードのデザインとしては他の消費者金融と比べると消費者金融色が強いモビットも、Web完結で進めるのであればカードが発行されない、電話も不要となる契約も可能です。

電話連絡が不要のWeb完結の手続きなら会社への電話も入らないため、電話が困ると感じる方の希望にも合います。電話もカードの郵送も不要となればより安心して借りられますので、カードがいらない場合には、電話も不要となる以下のWeb完結対応の消費者金融を選んでください。

プロミス

申し込みフォームでWeb完結の手続きを選ぶことで、カードレスの選択が可能となります。カードレスでの利用には対応する金融機関の口座が必要となりますが、全国の銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行なども対応をしているので利用条件が満たしやすいです。
プロミスのカードレス契約の詳細はこちら

モビット

三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座をお持ちの方で、その他のいくつかの条件を満たすと、Web完結でのカードレスで電話不要のキャッシング利用が可能です。プロミスの選択ができるカードレスのキャッシングと比べると、利用のためのハードルが高いです。
モビットのWeb完結手続きの詳細はこちら

プロミスはカードを不要として手続きを進めた場合でも、後からカードの発行が受けられます。モビットのWeb完結では利用の仕方そのものが異なるためにできませんが、プロミスであれば後日に契約機などでカードが受け取れます。

カードデザインは重要

カードローンを利用するにあたっては、消費者金融の金利限度額は実際にはそこまで重視がされていません。どの借り入れ先も上限金利はほぼ横並び、初回の借り入れ金額も数十万円程度までとなる場合がほとんどで、各サービスで差がないためです。

最近ではどの人気消費者金融審査時間は早く、ネット申し込み後の土日の最短即日融資などにも対応をするようになってきていることもあり、基本的な部分では違いは見受けられなくなってきています。

しかし、カードのデザインやカードの有無となるとまだまだ消費者金融によって大きな違いがありますので、どこから借りるか決められない、迷っている場合には、カードデザインで消費者金融の比較をしてみるのも良いでしょう。

インターネットでも借り入れや返済は行えますが、カードを使うATMでの利用も便利なのも事実です。急な出費時に素早く借りられるのはATMでのカード利用ともなりますので、各消費者金融のカードデザインを良く見て、どこで借りるかを考えてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る