サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
入力項目が少ない申し込み方法のメリットとデメリット

少ない項目での申し込み

今ではWeb上での来店不要の申し込みが一般的となっているカードローンは、いつでもどこでも手軽に手続きが進められるようになっています。近くに消費者金融の店舗や契約機、または銀行の窓口がなくても申し込みが行えるので、困ったときには何かと便利です。

さらに最近では来店不要のWeb申し込みもより便利になっており、ネット上での入力項目が少ない手続きの進め方が選べる消費者金融や銀行も出てきています。審査を行うにあたっての必要事項は変わらないものの、触りの申し込み時点では入力を行う項目が少ないので取っ付きやすい利点があります。

ただ、ネット上での入力項目が少ない申し込み方法には注意点もあります。入力項目が少ないとするのはメリットだけでなく、逆にデメリットとなる点も多数存在しているのです。

必要となる情報は同じ

申し込みの条件に違いは無い

ネット上での入力項目が少ないとしても、審査を行うにあたっての必要となる情報や項目については、申し込み方法による違いはありません。

その時点で入力をしなかった情報に関しては、最低限の必要事項の入力後にかかってくる電話で口頭にて伝えることとなります。

例えば、人気消費者金融プロミスでも通常のWeb申し込みよりも入力項目が少ない「カンタン入力」での申し込みができるようになっており、ネット上で入力をしなかった項目はその後の電話で伝えます。

ネット上での入力が面倒な方には半分程度の入力、選択数で済むカンタン入力での申し込みはメリットに感じられますが、その後の電話での対応が必要となるのは人によっては大きなデメリットとなってしまいます。

プロミスを例に挙げると、通常のWeb申し込み方法である「フル入力」に対して「カンタン入力」との言葉から申し込みが簡単なように感じてしまいますが、実際に必要となる情報やカードローンの審査基準に関しては、通常の申し込みと違いはありません

単純に電話の回数が増えてしまう

カードローンの手続きにおいては電話を嫌う方が多く、できることなら電話の回数は減らしたいと考えるものです。在籍確認の電話は仕方が無いとしても、それ以外で余計な電話は本人宛であるとしても最低限が良いでしょう。

しかし、プロミスのカンタン入力のようなネット上での入力項目が少ない申し込み方法では、追加での情報を電話で聞く必要があるため、電話の回数が増えます。通常のWeb申し込みなら在籍確認や本人宛の電話で不備がなければ1~2回程度で済む電話に、単純に最低でも1回ずつプラスがされます。

さらに言えば在籍確認や本人確認の電話では特に細かく話す内容もありませんが、電話で申し込み内容を伝えなければならない場合には、あれこれと細かく長く電話での対応が必要となります。

そのため、周りに人がいるとどうしても対応がしづらく、かかってきている電話が申し込みを行った消費者金融や銀行であると分かっていても、状況によっては電話に出られません。

電話に出られないと審査を行うための情報が足りないので手続きも進まず、結果として審査回答に時間がかかってしまったり、長時間に渡って電話での対応ができないと申し込み自体が取り下げられる場合すらもあります。

上に挙げたプロミスの他にも、地方銀行のカードローンでも増えてきている入力項目が少ない申し込み方法ですが、よく知っておかないと借り入れがずれ込む可能性がある点には注意が必要です。

「時間が無い方に」と書かれている場合もある入力項目が少ないWeb上での申し込みの方法は、借り入れまでの時間が無い方に向けられたものではなく、申し込みの各項目の入力時間が無い方に向けられたものとなるのです。

急ぎで借りたいなら通常の申し込み

急な出費なら通常の手続き

「時間が無い方」と書かれていると勘違いをしてしまうものですが、借り入れまで時間が無い、急ぎで借りたいといった方は、入力項目が少ないプロミスで言うところのカンタン入力はおすすめできません。

申し込み内容の入力後、どれだけの時間で電話がかかってくるかも分からず、いつまでも構えて電話を待つわけにもいきません。電話がかかってきてもやり取りをしてからの審査となるため、Web上でほぼ全ての必要事項の入力を行う申し込みと比べて、どうしても時間がかかります。

Web上での入力に不慣れで、間違った内容で申し込みをしてしまうぐらいであれば電話でしっかりと伝えた方が良いですが、普段からパソコンやスマホを使っている方であれば何も難しい内容を入力しなければならないわけではないので、よく確認しながら進めれば問題ありません。

プロミスのカンタン入力のような申し込みは、急ぎでスピード感を求める方に向けられているというよりも、じっくりとミスなく進めたい方のための申し込み方法です。

また、申し込み時に電話で話せるため、借り入れに関する基本的な内容や返済に関することなど分からない点が多い方にとっても、安心できる申し込み方法と言えるでしょう。

疑問や質問があれば、申し込みの前でもコールセンターに問い合わせて確認が行えます。何も申し込み後でないと聞けないわけではないので、不明な点があればカンタン入力を使わずにまずは連絡をしてみるのも良いです。

地方銀行で多い申し込みの方法

入力項目が少ない申し込みの方法は、消費者金融よりも銀行、特に地方銀行でよく見られます。北洋銀行カードローンのスーパーアルカを見てみても、Webで全項目を入力する「通常申込」と6項目でOKとする「カンタン申込」に分かれています。

地方銀行はメガバンクの三井住友銀行みずほ銀行三菱東京UFJ銀行などとは異なり、地域に密着した営業となっている場合が多いです。利用者層を見ると年齢が高い方も多く、ネット上での入力に不慣れな方のための申し込み方法として用意がされています。

逆に利用者の年齢層が低い消費者金融においては、やはりカンタン入力とされるような申し込みの方法にはあまり大きなメリットはありません。どちらかと言えば最短即日融資を希望するなど急ぎで借りたい方が消費者金融を利用するので、時間がかかる可能性がある申し込みの方法は合っていないとも言えます。

もちろん利用者の判断による部分は大きいのですが、カンタン入力のような入力項目が少ない申し込み方法は、メリットに対するデメリットが大きくなる点には十分に気をつけておきたいものです。

いつでも電話に出られる、電話で伝えた方が早い状況であればカンタン入力も十分に選択肢に入ります。しかし、仕事の休憩中や通勤時間中などの申し込みでは、カンタン入力は適していません。

多重申し込みの原因にも

プロミスのカンタン入力のような申し込み方法は、電話がなかなかかかってこないと手続きが進まないために焦ってしまうものです。どうしてもその日のうちにお金が必要な場合には、電話がかかってこないからと他の消費者金融への申し込みをしてしまう状況もあり得ます。

例えばプロミスからなかなか電話がかかってこず、詳しい申し込み内容を伝えないうちに審査落ちになってしまったと勘違いをしてアコムモビットに申し込みを行うと、その時点で信用情報機関には3サービスへの申し込みとして履歴が残ります

実際にはプロミスでは審査落ちになっていたわけではなく、混み合っていてその後に電話がかかってきて必要な情報を伝えたとしても、当初の申し込み時点では余計な履歴が無かった信用情報にも、後から申し込みを行ったアコムとモビットの情報が入り込んでしまいます。

同時の申し込みはどこでも審査ではマイナスに扱われるので、本来であればプロミスで借りられた可能性があった方でも、多重申し込みが原因と思われる審査落ちとなってしまう場合があります。

また、同時に申し込みを進めたアコムやモビットの審査結果に関しても同様の結果となるケースが多いので、余計な申し込みを重ねることだけは避けるべきです。

審査の可否問わず、申し込みを行った後は連絡先さえ間違っていなければ必ずメールや電話で何らかの連絡が届きます。カンタン入力のような申し込みであるとしても、連絡なく審査落ちとなることは大手では起こり得ないので、電話がなかなかかかってこない場合にはこちら側から電話を入れてみるのも良いです。

勝手に審査落ちと判断して他の消費者金融や銀行に申し込みを進めてしまうと、後々での審査結果にも悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

申し込みに関する内容でも何でも、分からない点は素直に聞くようにしましょう。勝手な判断で損をしてしまうのは自分自身なので、コールセンターなどに問い合わせて確認をしておけば安心です。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る