サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン特集 »
みずほ銀行の専業主婦対応の来店不要カードローン

みずほ銀行の口座がなくても申し込める

信頼のメガバンクのカードローンとなるみずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座がなくてもネットで来店不要の申し込みが可能です。契約までに口座の開設は必要となりますが、カードローン審査の結果連絡後に口座開設手続きを行うため、申し込み時点では口座がなくても問題ありません

カードローンを利用するためのみずほ銀行の口座開設も来店不要で進められ、メールにて届く仮審査結果の連絡を受け取った後、届けられる本申し込み書類に必要事項の記入や捺印を行い、返送をすればカードローン口座の開設も完了します。

みずほ銀行の口座をお持ちの方なら書類の郵送もなく、手軽にWeb上での必要書類の登録で手続きが進められるため、口座がないと郵送の手間や時間がかかってしまうのは事実です。

しかし、みずほ銀行の口座がなくても来店不要で最短即日審査回答でカードローンの契約が進められるので、他の金融機関のカードローンと比べて目立って手続きが面倒といったわけではありません。

30万円まで専業主婦も借りられる

みずほ銀行カードローンは専業主婦でも借りられる

配偶者に安定した収入がある専業主婦の方は、みずほ銀行カードローンを30万円までの限度額で利用が可能です。借りられるかは審査の結果によって決まりますが、専業主婦は申し込み自体ができない消費者金融と比べても頼れるカードローンとなります。

主婦の方でもカードローンの利用を考える方は多く、配偶者の安定収入で利用ができる金融機関はみずほ銀行の他にもソニー銀行イオン銀行、三菱東京UFJ銀行のバンクイック東京スター銀行のカードローンなど様々です。

また、みずほ銀行でも通常のみずほ銀行カードローンの他に、女性専用の商品となるみずほMyWingもあります。金利や限度額、極度額などの基本的な内容も異なる商品となっているので、主婦に限らず女性の方でみずほ銀行のカードローンを利用しようと考えている方は、みずほMyWingも見てみると良いでしょう。

キャッシュカードでの借り入れも

カードローンは多くの場合が専用のローンカードを使って借り入れや返済を行うため、どうしてもカードを持ち歩かなくてはならない欠点があります。人気消費者金融ではカードデザインがローンカードと分かりづらいようにしているところもありますが、それでも余計なカードはなるべくなら財布には入れたくないものです。

一部でカードレスの選択が可能となるプロミス(ご希望に添えない場合もあります。)や、Web完結で同じくカードレスとなるモビットなどの変わった借り方ができる借り入れ先はありますが、大体はお金を借りる、返すためのカードが発行されます。

しかし、みずほ銀行カードローンでは専用のカードを不要とする、キャッシュカードでのカードローン利用も可能となっています。ATMでカードローン機能が付いたみずほ銀行のキャッシュカードを使えば、その場で素早く限度額内でお金が借りられます。

返済は通常、毎月10日に返済用の口座から約定返済額が引き落とされますが、借り入れ時と同じようにキャッシュカードを使い、ATMからの任意返済も可能となります。お金に余裕があればいつでも任意で返済が行えるので、積極的に返済を進められれば利息が減り、最終的な返済総額を圧縮できます。

専用のローンカードを使う借り入れや返済の際には、誰かにカードを見られないかと周りの目が気になってしまうものですが、みずほ銀行のキャッシュカードでのカードローン利用であれば心配はいりません。

また、専用のカードではなく、みずほ銀行のキャッシュカードのみを持ち歩けば必要なときにATMで素早く借りられるため、財布の中のカードの管理の楽になり、余計なカードでかさばることもないのです。

みずほ銀行カードローンではキャッシュカードではなく、専用のローンカードでの利用も選択できます。カードローン用とみずほ銀行の口座用にカードを分けたい方は、専用カードとしての手続きで契約を進めてください。

利用限度額と金利の関係

みずほ銀行カードローンの金利は利用限度額によって決まっており、利用限度額は保証会社である株式会社オリエントコーポレーションとみずほ銀行の審査によって決まります。大きな限度額での契約であれば金利が下がる内容となっているので、ある程度の収入を得ている方などは低負担のカードローン利用ができる可能性があります。

利用限度額 基準金利 引下後の金利
200万円以上
300万円未満
年7.0% 年6.5%
300万円以上
400万円未満
年6.0% 年5.5%
400万円以上
500万円未満
年5.5% 年5.0%
500万円以上
600万円未満
年5.0% 年4.5%
600万円以上
800万円未満
年4.5% 年4.0%
800万円以上
1,000万円以下
年3.5% 年3.0%

上記金利はみずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の適用金利となります。
住宅ローンの利用で年0.5%の金利引き下げが行われます。
詳しくはみずほ銀行ホームページ、または窓口やコールセンターでご確認ください。

限度額内ならいくら借りても金利は同じ

みずほ銀行カードローンの金利は限度額ごとに決められているため、限度額内の借り入れならいくら借りているとしても金利に違いはありません。例えば300万円以上400万円未満の引き下げ後の金利である年5.5%での契約となっている場合には、1万円を借りても10万円を借りても、または300万円を借りても金利は年5.5%で同じです。

年5.5%の金利で10万円を30日間借りたとした場合には、発生する利息は僅か452円にしかなりません。同様に10万円を消費者金融の金利で多い18.0%の実質年率で借りたとすれば、発生する利息は1,479円と大きな差があります。

みずほ銀行カードローンは少額の利用であるとしても、限度額ごとに金利が決められているために低負担で借りられる可能性があり、返済を第一に考える方にも頼れるカードローンとなります。

ただ、金利は低くても毎月の返済金額は比較的大きくなっているので、借りる際には利息の負担の面だけでなく、月々の返済額もどの程度になるのかはしっかりと確認をしておくと良いでしょう。

みずほ銀行カードローンの毎月の返済金額は、じぶん銀行や全国対応の静岡銀行のカードローンなどと比べると大きくなっています。正しい計画を立て、無理のないカードローンの利用を進めてください。

ATM手数料が無料で使える
ATM利用手数料が無料

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のATMを使う際の時間外手数料が無料となるサービスを備えており、コンビニATMに関しても月4回までは無料となっています。ATM手数料は無駄な出費となりますので、繰り返し借り入れや返済を行うカードローン利用においては気にする方も多いです。

ただでさえ返済時には金利からくる利息の負担もあり、できることならそれ以外の余計な負担は避けて、賢くカードローンの利用を進めたいものです。その点でみずほ銀行カードローンなら、みずほ銀行のATMだけでなく、コンビニATMも回数が限定的となりますが手数料負担なく利用ができてお得です。

消費者金融の場合には1万円を超える借り入れや返済時には、200円と消費税の手数料が取られるところが多いです。TVCMでも見かける大手消費者金融のアコムでも、1万円超の利用時には200円と消費税の手数料がかかります。

例えば3万円を借りて翌月に3万円を全て一括で返したとすると、みずほ銀行カードローンならATM手数料が無料で利息以外の負担を無くすこともできますが、アコムなどの消費者金融の場合には、低くはない金利からの大きな利息に加え、借り入れ時と返済時で合計400円+消費税の手数料負担もあります。

単純に金利や利息で比べても消費者金融より大きく優れているメガバンクのみずほ銀行のカードローンは、契約後の利用においても頼れる内容となっているのです。

みずほ銀行カードローンが利用できる提携ATMや手数料に関しては、みずほ銀行の公式サイトや、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルでご確認ください。

2つのプランに注意が必要

みずほ銀行カードローンにはエグゼクティブプランの他に、コンフォートプランが用意されており、それぞれで金利が異なります。最大極度額に関しては1,000万円と同じ水準になっていますが、金利は特に小さな限度額となった際には大きな差があるため、注意が必要です。

とは言え、申し込み時にどちらのプランで借りるかを選べるわけではなく、あくまで審査の結果によってどのプランでの契約、借り入れとなるかが決まります。保証会社やみずほ銀行側での審査となるのでどのような内容となるかは明らかにされていませんが、信用情報などの中心にどちらのプランで、どの程度の限度額での契約となるかが決まります。

優れた金利となるエグゼクティブプランでの借り入れとなれば返済も進めやすくなりますが、審査の結果によってはエグゼクティブプランよりも利率が上がる、コンフォートプランでの契約となる可能性もあります。

そのため、みずほ銀行カードローンの申し込みを行う際には公式サイト上でコンフォートプランの利用条件も念のため確認をしておき、金利などがどの程度かを知っておく必要があります。

エグゼクティブプランだけを見てしまうと、思っていたよりも利率が上がってしまったという状況にもなってしまいますので、しっかりと確認をし、両プランの内容を知った上でネットでの申し込みを進めるようにしてください。

みずほ銀行カードローンは変動金利となるため、金融情勢等によって金利が見直される可能性があります。最新情報はみずほ銀行の公式サイト上でご確認ください。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン
注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る