サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシングの基本 »
銀行と銀行系の違い

銀行と銀行系には実は大きな違いがある

言葉だけを並べれば大した違いの無い「銀行」と「銀行系」も、利用する際には大きな違いがあるため、両者の異なる点をしっかりと理解しておくと良いでしょう。ぱっとみただけでは「系」が付いているか付いていないかの違いだけであり、特に深い意味は無いと感じられてしまいますが、そこには文字以上の大きな違い、深い意味が潜んでいるのです。

知ったからと言ってキャッシングでお金が借りやすくなったり、審査に通りやすくなることはありませんが、申し込みの際の手続きが変わったり、利用にあたっての最低限のルールにも違いがありますので、銀行と銀行系を混同しないようにしましょう。

銀行と銀行系の扱いの違い

銀行と銀行系は何が違うのか

銀行と銀行系は明確な線引きがされているわけではないのですが、一般的に呼ばれる、使われる内容で話を進めていきます。

まずは「銀行」からです。こちらは文字通り銀行で、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行といったメガバンクをはじめ、各地方に点在する地銀やネットで使えるネット銀行など、お金を預けたり引き出せる銀行口座が持てる銀行そのものとなります。

「銀行のカードローン」や「銀行のキャッシング」とは上記の何れかの銀行からの借り入れを指し、消費者金融で借りるよりもカードローンの審査基準が厳しい反面、金利や利便性などに優れている場合が多いです。

「銀行系」は、銀行そのものではなく銀行のグループに属するノンバンクを指します。ノンバンクとは言わば消費者金融のことであり、銀行系の消費者金融、つまり三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが代表的な銀行系消費者金融と言えるでしょう。

消費者金融は銀行系であるとしてもノンバンクのため、口座を作ってお金を預けたり引き出したりは出来ず、専用のカードやインターネットを利用した限度額内での借り入れ、返済をするに留まるものです。

銀行であることのメリット

銀行系ではなく、銀行そのものからの借り入れの場合には、そもそもが消費者金融などの貸金業者からの融資ではないため、貸金業法による厳しいルールの縛りは受けません。銀行によっては配偶者の安定収入があれば専業主婦でも利用可能イオン銀行のカードローンや、300万円まで所得証明を原則不要とするオリックス銀行のカードローンも存在します。

これが銀行系の場合だと、銀行のグループでも貸金業者にあたる消費者金融に違いは無いため、専業主婦の方の利用は難しいです。また、所得証明についても50万円を超える契約や、他社との合計で100万円超の契約となる場合には、提出をしないと契約ができません(一部消費者金融では金額に関わらず提出が必須となります)。

所得証明を提出しないからと言って審査が簡単になるわけでもないのですが、免許証などの本人確認書類とは異なり、常に持ち歩いているものでもない所得証明書は、提出をせずに契約ができるのあればそれに越したことはありません。

銀行であれば上に挙げたオリックス銀行カードローンをはじめ、じぶん銀行住信SBIネット銀行などのネット銀行や、その他の静岡銀行横浜銀行といった地銀のカードローンでも、ある程度の金額までは所得証明は原則不要としているため、まとまった金額を借りるにあたっても銀行は適しています。

銀行と銀行系は僅かな言葉の違いではありますが、実際には大きな違いがあるのです。

第00位
★★★★★
オリックス銀行カードローン
銀行だからこその頼れるカードローンで、ATMの利用手数料もかからずお得に借り入れ
金利限度額審査時間所得証明
年3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで原則不要
銀行での借り入れでまず見ておきたい、来店不要で口座開設も不要の注目カードローンです。契約後であればカードを使って素早くATMで借り入れが行え、全国に設置の提携ATMでのカードの利用は借り入れも返済も、時間を問わずにいつでも手数料が無料となります。消費者金融では銀行系であっても提携ATMでのカード利用は手数料がかかりますが、オリックス銀行カードローンでは手数料負担の面でも優れています。
専業主婦の方は利用できません
銀行系も独立系も消費者金融なら同じ

消費者金融から借りるのであれば、銀行系であっても銀行のグループに属さない独立系であっても、結局は同じ貸金業者のために大きな違いはありません。どちらにしても貸金業法の縛りを受け、厳しいルールでの利用となりますので、借り手側が何となく感じるイメージの面を除けば同じようなものです。

消費者金融のことがよく分からない方は「銀行系なら安心」と思うかもしれませんが、実際には大手同士なら銀行系も独立系も何ら大きな違いはありません。そもそも現在の大手消費者金融に分類される中で独立系はアイフルだけとなり、アイフルが銀行系のアコムに比べて何か不安かと聞かれても、多くの方はどちらもも変わらないと感じることでしょう。

一昔前はグレーゾーン金利や厳しい取り立てによって消費者金融全体のイメージが非常に悪く、大手であってもサラ金やマチ金などと呼ばれていた時代がありました。消費者金融を取り巻く怖い怪しいイメージを取り除く意味でも「銀行系」という言葉が使われるようになっただけであり、銀行系だからと言って独立系と比べて特別な意味はないのです。

上限金利が明確になったことをはじめ、消費者金融全体のイメージの向上により、最近では銀行系とする売り文句もあまり見かけなくなっているのも事実です。そもそも借り手側としては銀行系であることよりも、希望通りの内容で借りられるかの方がよっぽど重要なのです。

消費者金融で借りるなら銀行系か独立系かを気にするよりも、審査時間や初回の借り入れは即日融資に対応をしているか、毎月の返済金額はいくらなのかなどを気にした方が、実際に借りる際には役立ちます。

銀行系や独立系といった実際に借りる際に役に立たない余計とも言える判断基準は、消費者金融からの借り入れを考えるにあたっては必要が無いとも言えるのです。

同じサービス内容の消費者金融でどこから借りるか迷った際などには、銀行系か独立系かで選ぶの悪くは無いかもしれません。しかし、多くの場合にはそれ以外に重要な比較項目があるものです。

銀行系でも金利は同水準

ネット上には間違った情報も多いもので、中でも目立つのが「銀行系は低金利」や「銀行系は総量規制対象外」とする文言です。言葉に明確な線引きが無いので、ここで言う銀行系が銀行そのものを指している可能性も無いわけではありませんが、大体の場合、こういった記述は銀行と銀行系を混同している、または勝手な間違った認識で書かれています。

上でも書いているように消費者金融であれば銀行系も独立系も変わりはありません。金利に関しても銀行系も独立系も消費者金融であれば同じなので、銀行系が低金利とはなりません。

実際に例を挙げて見てみると、消費者金融で借りる場合には初めての利用であれば大体は上限金利の適用となりますが、上限金利での借り入れとした場合に銀行系のアコムは18.0%、独立系のアイフルでも同じく18.0%と金利に違いはありません

また、どちらで借りるにも年収の3分の1までとなる総量規制の対象で、一定額を超える借り入れであれば所得証明の提出が必要となるのも同じです。

銀行系だからと消費者金融の枠組みから外れることもありませんので、借りるところが銀行なのか銀行系の消費者金融なのか、間違った情報で借り入れ先を選んでいないか、よく確認をしておくと良いキャッシングに繋がるでしょう。

ネット上で多くの情報が得られるのは良いことですが、正しい情報であるかの判断はしっかりと行わなければなりません。間違った情報でのキャッシングの利用はトラブルの原因にもなりかねないので、注意が必要です。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る