サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
主婦が消費者金融や銀行からお金を借りるための条件

主婦でも消費者金融や銀行で借りられる

TVCMで見かけるような大手の消費者金融でも、メガバンクや身近な地方銀行のカードローンでも、主婦の方もカードローンでお金が借りられるようになっています。限度額はそこまで大きくはなりませんが、少額を素早く借りたい場合には最短即日融資で借りられるカードローンは助かります。

ただ、主婦の方が消費者金融や銀行を利用するにあたっては、申し込み時点で注意をしておくべき点があります。よく確認をしてから申し込みをしないと、条件を満たせずに審査落ちとなる場合があるので気をつけてください。

主婦は主婦でもどんな主婦か

主婦の利用条件に注意

「主婦」を一言で表しても、様々な状況があります。配偶者が安定した十分な収入を得ており、家事や育児を行う専業主婦の方と、パートなどで働きに出ており、多くはなくても自身で安定した収入を得ている主婦の方です。

どちらも主婦である点に変わりはありませんが、カードローンの審査を進めるにあたっては大きな違いがあります。

特に消費者金融でのキャッシングを利用しようと考えている場合には、専業主婦と兼業主婦では申し込み条件が満たせるか否かといった点に繋がります。

消費者金融の主婦利用条件に注意

ネット上で見たことがある方もいるかもしれませんが、貸金業法には専業主婦の方でもお金が借りられるようにと「配偶者貸付」の制度を設けています。

消費者金融を含む貸金業者からの借り入れは、基本はパートなどによる自身の安定した収入を得ていないと、消費者金融大手のプロミスアイフルモビットアコムといった借り入れ先も、または中堅消費者金融も利用ができません。

しかし、配偶者貸付では自身で収入を持たない専業主婦の方でも、配偶者と収入を合算して自身の収入として認められる例外としています。これであれば専業主婦でも大手の人気消費者金融でも借りられると考えてしまいますが、厄介なことに実際にはそうではありません。

制度としては認めていても、実際に貸し付けるかの判断となる審査は各消費者金融が独自に行います。貸付が禁止されている年収の3分の1を超える場合や無職や無収入の方への融資は別として、制度で認められていても貸すかどうかは、各消費者金融の申し込み基準や審査基準に委ねられています。

上に挙げた大手の消費者金融各サービスでは、利用条件として「自身で安定した収入を持つ方」を一つとしています。つまり、自身には収入を持たない専業主婦の方では消費者金融からのキャッシングは利用ができないのです。

配偶者貸付を認めている消費者金融は、現状ではほとんど見当たりません。パート収入を持つ方なら問題ありませんが、専業主婦の方は以下の情報を参考に借り入れ先を選んでください。

専業主婦は銀行カードローンへ

消費者金融では利用ができない専業主婦の方も、一部の銀行カードローンなら利用ができる可能性があります。銀行は貸金業者ではなくその名の通りに銀行のため、貸金業法で定める総量規制の対象外となっています。

自身には収入がないとしても、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方は、借り入れが可能とする銀行カードローンなら審査の結果次第で利用が可能となります。銀行なら消費者金融よりも安心して利用ができ、さらに金利面でも優れている場合が多いので返済負担も軽いカードローンの利用ができます。

もちろんパート主婦の方でも銀行のカードローンは利用できますが、その際には自身の収入や配偶者の収入状況も審査では重要となります。自身の収入が不安定な場合には審査結果が希望通りとならない可能性が出てくるので、申し込みの際には自分自身の状況をよく確認しておきましょう。

専業主婦に対応する銀行カードローン

ソニー銀行カードローン
【金利】年2.5%~13.8% 【主婦限度額】50万円


三菱東京UFJ銀行バンクイック
【金利】年1.8%~14.6% 【主婦限度額】30万円


みずほ銀行みずほMyWing
【金利】年12.0%~14.0% 【主婦限度額】30万円


横浜銀行カードローン
【金利】年1.9%~14.6% 【主婦限度額】10~1,000万円


じぶん銀行カードローン
【金利】年2.4%~17.5% 【主婦限度額】最高800万円


イオン銀行カードローン
【金利】年3.8%~13.8% 【主婦限度額】50万円

配偶者への確認は特には不要
主婦でも安心して借りられる

パート主婦でも専業主婦でも、申し込みや審査の際には基本的に配偶者への確認や同意は不要となっています。ただ、何らかに理由で消費者金融から配偶者貸付の制度を利用してお金を借りる場合には、同意や確認が必須となります。

配偶者貸付を利用しない自身での安定した収入を得ている方、専業主婦対応の銀行カードローンを使う場合であれば、内緒で申し込みから契約まで進められます。返済の遅れやトラブルを起こさなければ余計な連絡が入ることもないため、借り入れを知られたくない主婦の方でも安心して利用ができます。

また、仮に返済が遅れてしまうとしても、数日程度であれば事前に連絡をしておけばそこまで大きな問題とはなりません。遅れることで信用情報には記載がされてしまう場合がありますが、短い日数であれば影響は大きくありません。

借り入れ先からの連絡も借り手側から電話を入れておけば余計には届かないので、家計のやりくりで少しだけ返済期日から入金が遅れてしまうとしても、必ず事前に連絡を入れておくべきなのです。

現状の返済金額では厳しい場合には、返済プランの変更ができないかを相談してみるのも手です。毎月の返済金額が少なくなる場合もありますので、困ったときにはまずは相談です。

返済金額を大きくしないために

多くない収入で返済を進めるパート主婦、配偶者の収入を頼りに返済を行う専業主婦、どちらであっても毎月の返済負担には十分に注意をしておきたいものです。返済負担が大きくなれば借りたことによってかえって家計を圧迫しかねないので、余裕のある返済ができるようにしておきましょう。

そのためには借り入れ金額をセーブしたり、毎月の返済金額に着目して利用先を選ぶと良いです。多くのカードローンは借り入れ残高によって返済金額が決まるようになっているので、少額の利用に留めておけば毎月の返済額も少なく済みます。

また、毎月の返済金額は利用先によって変わるので、少額利用であれば月々の返済金額が少なく金利も低いソニー銀行カードローンバンクイックじぶん銀行カードローンの利用を考えておくのも女性ならではの主婦の賢い借り入れ先の選び方と言えます。

金利と返済金額は基本的には関係をしていますが、中には低金利であっても毎月の返済金額は大きいカードローンもあります。主婦の方に限らずですが、お金を借りるにあたっては返済の計画をしっかりと立て、自身にとって無理のない範囲で返済ができるようにカードローンを利用してください。

消費者金融でもプロミスは5万円以下の借り入れなら、毎月の返済は2,000円からとなります。返済金額に注目して借り入れ先を選ぶのも、主婦のカードローン利用のポイントとなります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る