サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 関東地方の地銀情報一覧 »
武蔵野銀行カードローンは専業主婦対応の商品もある

武蔵野銀行の専業主婦対応融資

情報確認日:2015年2月16日

武蔵野銀行は埼玉県のさいたま市に本拠を置く地方銀行です。従来からあまり融資には積極的ではなく、それが堅実経営にもつながってきています。

しかし、最近では徐々に融資にも積極的になってきており、個人向けの融資においてもカードローンを2種類も登場させています。今回はその2種類のカードローンについて説明します。

便利なむさしのスマートネクスト

専業主婦でも借りられる

まずは、むさしのスマートネクストです。銀行のカードローンというと、サラリーマンしか相手にしていないのではと思いがちですが、そんなことはありません。

むしろ、年収の3分の1しか借りられない総量規制の対象外である銀行のカードローンは、さほど収入が多くない方にも審査次第で融資をしています。

むさしのスマートネクストもそんな銀行カードローンの一つで、ホームページの商品詳細にも「配偶者に安定収入がある専業主婦パート・アルバイトの方は対象となります」と明記されています。ただし、年金のみを収入としている方は、いくら安定してお金が入っているとしても、カードローンの申し込みができませんので注意してください。

むさしのスマートネクストの限度額

むさしのスマートネクストの限度額は最高300万円です。ある程度シンプルなシステムにするため、むさしのスマートネクストでは限度額を8コースに設定しています。30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円、そして300万円です。ちなみに、専業主婦の場合には、30万円しか選択できません。

毎月の返済額も限度額によって決定します。限度額が30万円や50万円であれば毎月1万円の返済、限度額が70万円や100万円であれば毎月2万円、150万円や200万円であれば毎月3万円、そして限度額が250万円や300万円であれば毎月4万円返済です。

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、とにかく分かりやすい商品となっています。返済額についても、システムをシンプルにするための設定と言えます。

残高不足に安心の自動融資がある

むさしのスマートネクストには、自動融資の機能があります。公共料金などの支払の際、口座が残高不足になってそのままでは公共料金の引き落としができません。そこで、不足額をカードローンから自動的に融資してくれるのです。

ただし、武蔵野銀行のカードローンや他のカードローン、振り替えなどには利用できません。あくまで支払いに限られますので、武蔵野銀行カードローンで借りたお金の返済を自動融資でといった回し方は、当然ながら不可となります。

シグナスは申し込み条件が厳しい
ハードルが高いカードローン

武蔵野銀行のもうひとつのカードローンを「シグナス」といいます。「むさしのスマートネクスト」が比較的多くの人に門戸を開いているカードローンなのに対して、「シグナス」は申し込み条件がかなり厳しい印象があります。

シグナスではまず、収入や職業によって申し込みの制限をしています。まず収入ですが、前年度の年収が300万円以上なければなりません。しかもそれが1年のみならず、毎年継続安定していなければならないのです。

次に職業ですが、以下のような方に限定されています。サラリーマンや公務員、弁護士や弁理士、司法書士や公認会計士、税理士に不動産会計士、医師や歯科医師などの職業の方です。

「むさしのスマートネクスト」では、パートやアルバイト、専業主婦にも門戸を開いていましたが、シグナスではこれらの人は申し込みできません。それ以外にも、年金収入意外の方、主婦、学生、個人事業主、会社の代表者なども申し込めないのです。

「むさしのスマートネクスト」を既に利用している方が新たに「シグナス」にも申し込む際には、むさしのスマートネクストは解約しなければなりません。もちろん、他の銀行カードローンはこの限りではありません。

限度額にも独自基準がある

銀行のカードローンは、本来であれば総量規制の対象外ですので、年収の縛りを受けません。しかし「シグナス」では、限度額を設定する際に年収条件を設定しています。

限度額が100万円と150万円の場合、年収は300万円以上なければなりません。200万円の場合には年収400万円以上、250万円の場合には年収500万円以上、300万円の場合には年収600万円以上、400万円の場合には年収800万円以上必要です。そして500万円の限度額では年収1,000万円以上なければなりません。

もちろん、年収条件を満たしたからといて、必ずその限度額が設定されるわけではありません。審査の結果、限度額が減額される可能性もあるのですから、あくまで審査次第と言えるのです。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン
注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る