サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 関東地方の地銀情報一覧 »
武蔵野銀行カードローンはおまとめや借り換えにも向く

仮審査の申し込みは来店不要

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、仮審査の申し込みであればネットで来店不要で進められるようになっています。審査通過後は契約のために武蔵野銀行の窓口まで来店をする必要がありますが、仮審査の申し込みまでは来店は必要ないために手続きが進めやすいです。

武蔵野銀行の営業エリア内、および東京都内にお住まい、またはお勤め先がある安定した収入をお持ちの方が利用対象となり、自身で収入を得ている方の他に配偶者に安定した収入がある専業主婦の方も申し込みが可能です。

利用のためには武蔵野銀行と保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社の審査に通過をする必要がありますが、銀行と保証会社の両方に申し込みをする必要はないために手間はかかりません。また、保証会社のエム・ユー信用保証株式会社は消費者金融大手のアコムが株主となる三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるため、信頼性が高く安心して手続きが進められます。

専業主婦は30万円が上限となる

専業主婦でも借りられる

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、契約極度額が最大で300万円、金利は固定金利で年6.0%~14.8%の地方銀行ならではの頼れる内容となっています。ある程度の金額まで低金利で借りられるため、まとまったお金が必要なときにも便利です。

ただ、自身で収入を持たない専業主婦の方が借りる場合には、極度額の上限が30万円までに制限がされます。配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは利用ができますが、大きな金額や最大枠である300万円の利用はできないのです。

自身で安定した収入をお持ちの方で、武蔵野銀行と保証会社によるカードローンの審査基準をクリアできれば大きな金額まで借りられる可能性がありますが、専業主婦の方、或いはパートやアルバイトの方では大きな金額は借りられないため、注意が必要となります。

第0位
★★★★★
武蔵野銀行スマートネクスト
配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも借りられる、頼れる武蔵野銀行のカードローン
金利極度額専業主婦所得証明
年6.0%~14.8%最大300万円30万円まで100万円まで不要
東京都内にお住まい、または勤務先がある武蔵野銀行の営業エリア内の方が対象となるカードローンで、仮審査の申し込みはネットなどで来店不要で進められます。配偶者に安定した収入がある専業主婦の方も30万円までなら利用が可能で、消費者金融ではどうしても利用がしづらい専業主婦の方にも頼れるカードローンとなっています。申し込み後から初回の借り入れまでは多少の日数がかかるため、すぐに借りたい方よりも日数に余裕が持てる方に適しています。

極度額による金利設定

カードローン利用時にはしっかりと見ておきたい金利は、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストでは上限でも年14.8%消費者金融の金利と比べると3%ほど低くなっています。3%も低いとなると返済総額の負担も軽くなるため、無理のない返済でカードローンを利用したい方も安心です。

全体としてのスマートネクストの金利は年6.0%~14.8%となりますが、広く持たれた金利の幅は契約極度額によって変動するようになっています。大きな金額での契約となれば金利は下がり、逆に専業主婦の方の利用のような少額での契約となると金利は上限の適用となります。

とは言え、上限金利でも人気消費者金融プロミスの実質年率17.8%や、アイフルの18.0%と比べれば年14.8%となる武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは低負担であるため、上限金利だからと負担が大きくなるわけではありません。

契約極度額 適用金利
100万円未満 年14.8%
100万円以上
200万円以下
年12.8%
250万円 年9.8%
300万円 年6.0%

金利には保証料が含まれているため、保証会社を利用する契約となる武蔵野銀行カードローンのスマートネクストでは、金利以外に保証料の負担は発生しません。借りればもちろん利息はかかりますが、利息は借りた日数分の負担となるので短期間での完済を心がけると利息も軽くなります。

計画的で無理のないカードローン利用を進めるのであれば、適用される金利だけでなく余裕がある返済が行えるかを確認するために毎月の返済金額もしっかりと見ておくようにしましょう。返済金額に余裕が持てれば、毎月の繰上げ返済も可能となるために効率的に返済が進められるのです。

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、契約極度額は細かく数万円単位で決まるのではなく、30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円の中から審査によって決定されます。

気をつけておきたい毎月の返済金額

カードローンの多くは毎月の返済金額が借り入れの残高によって増減するようになっており、同じ地方銀行のカードローンで見ても千葉銀行横浜銀行静岡銀行のカードローンなど、その他に離れた地域で見ても福岡銀行愛媛銀行のカードローンにしても借り入れの残高によって毎月の約定返済金額が変わります

借り入れの残高によって返済金額が決まるのはカードローンでは一般的で、地方銀行だけでなくメガバンクの三井住友銀行三菱東京UFJ銀行のバンクイックでも同様となっています。

しかし、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは特殊で、毎月の返済金額は借り入れの残高ではなく、契約極度額によって決まります。他のカードローンでは極度額が大きくても借り入れの残高が少なければ返済は少しずつでも可能となりますが、武蔵野銀行の場合には極度額が大きいと、借り入れの金額が少なくても返済の金額が大きくなってしまいます

一回あたりの返済金額が大きければその分だけ完済が早まるため、利息負担を抑えられる、支払い総額を少なくできる大きなメリットがありますが、毎月の返済を少しずつ進めたいと考えている方は、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストを利用する際にはしっかりとした計画を立てるようにしてください。

契約極度額 毎月返済額
30万円・50万円 10,000円
70万円・100万円 20,000円
150万円・200万円 30,000円
250万円・300万円 40,000円

例えば専業主婦の利用金額上限である30万円の借り入れで見てみると、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストなら金利は年14.8%で毎月の返済金額は10,000円となります。似た金利の他の銀行では、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックが30万円の借り入れなら金利は上限で年14.6%で、返済金額は6,000円(年8.1%超の金利)となっています。

バンクイックの場合には限度額がいくらであっても借り入れの金額によって返済額が決まるため、契約限度額が200万円や300万円であるとしても、借り入れ残高が30万円以下であれば毎月の約定返済金額は6,000円となります。

対して武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、借り入れの残高が30万円でも契約極度額が200万円や300万円であるとすると、毎月の約定返済金額が30,000円や40,000円と大きくなるので注意が必要です。

借り入れの金額や残高に対して返済金額が大きければ、その分だけ返済が進みやすく完済が早まることになります。その点で武蔵野銀行のスマートネクストは、最終的な支払い総額を減らせるカードローンとなっています。

契約のためには来店が必要

金利と返済金額から無理のない利用ができると判断できればカードローンの申し込みとなり、武蔵野銀行の公式ウェブサイト上からスマートネクストの仮審査手続きが進められます。ネット以外にもFAXや郵送でも仮審査の申し込みができますが、早くに進むのはネットであるため、来店不要の申し込みであればネットが良いです。

申し込み後の仮審査結果連絡は郵送か電話となり、無事に仮審査でOKとなれば正式な契約手続きとなります。契約手続きはWebでは行えずに武蔵野銀行の店頭窓口まで行く必要があるため、利用対象者は武蔵野銀行の営業エリア内の方となります。

契約にあたっては必要書類を持参しますが、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは100万円までであれば所得証明書類が原則不要となるため、金額によっては多くの書類を用意する必要がありません。免許証などの指定の本人確認書類は必ず必要となりますが、その他にあれこれと多くの書類を用意せずとも契約ができる可能性があります。

店頭窓口での契約が完了すると後日にカードが書留扱いで自宅に郵送され、受け取り次第でカードローンの利用が可能となります。店頭での契約後すぐにお金が借りられるわけではないため、どうしても急な出費時の借り入れには不向きな部分はありますが、ある程度の日数に余裕が持てれば頼れる借り入れ先となります。

スマートネクストの利用方法

カードローンはその名の通りカードを使ったキャッシングローンとなり、武蔵野銀行カードローンのスマーネクストもカードを使って便利な借り入れや返済が行えます。武蔵野銀行のATMはもちろんですが、その他にも全国の提携金融機関やコンビニのATMでもカードが使えるため、契約後であれば素早く幅広く利用ができます。

利用枠内であれば必要な分を繰り返し何度でも借りられるので、数万円だけ必要といった場面でも提携ATMで借り入れが可能です。追加でお金が必要になっても枠内なら再申し込み不要で借りられるため、カードを持っておけば急にお金が必要になったときでも時間や手間をかけずに用立てられます

また、銀行ならではの変わった利用方法もあります。公共料金等の支払いを武蔵野銀行の口座からの引き落としとしている場合には、口座残高が支払い金額よりも不足していると、カードローンのスマートネクストから自動的に不足分が融資されます。

あくまで融資であるために借り入れとなり、その後はしっかりと返済をしなければなりませんが、口座引き落とし日の残高不足による支払いの遅れが防げるために便利です。

ただ、自動融資による借り入れは武蔵野銀行カードローンのスマートネクストの返済や、他社で借りているカードローンやクレジットカードの返済、預金間の振り替えなどには利用ができないため、自動融資の利用を考えている方は使える範囲を予め確認をしておきましょう。

提携ATMでのカード利用による借り入れは、利用日や時間帯によってはATM利用手数料がかかる場合があります。詳しくは武蔵野銀行の店頭窓口でご確認ください。

他社からの乗り換えにも役立つ
借り換えやおまとめにも武蔵野銀行カードローンのスマートネクスト

借り入れ金額が制限される専業主婦の方は除きますが、自身で安定した収入を持つ会社員や公務員などの方は、借り換えおまとめとしての利用も武蔵野銀行カードローンのスマートネクストが役立ちます。

極度額が大きくなると段階的に金利が下がるため、他社である程度の金額を高い金利で借りている場合や、総額では大きくても細かく複数社から借りている場合などは、借り換えることで返済負担が軽減できる可能性があります。

例えば他社100万円を15.0%の金利で借りているなら、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストに借り換えると金利は年12.8%に下がります。1社だけの借り換えではなく多くの借り入れを一本化する際にも負担の低下が期待でき、50万円ずつ17.8%や18.0%の金利で借りているとすれば、スマートネクストに100万円で一本化をすれば金利は大幅に下がります

借り換えにしてもおまとめにしても利用前後での金利の比較や返済金額の確認は必須となりますが、高い金利で借りている方は武蔵野銀行カードローンのスマートネクストへの借り換えを考えてみると良いでしょう。

借り換えやおまとめとしての利用を行う際には、今現在の返済が正常に行えていないと審査には通りません。返済が遅れている信用情報機関に遅れを示す情報が登録されてしまうため、審査に悪影響を与えてしまうのです。

保証会社の審査に通るために

カードローン利用のためには武蔵野銀行と保証会社の審査に通らなければならず、保証会社の審査に通るかの基準には信用情報機関に登録されている過去のクレジット履歴が重視されるとされています。もちろん今現在の収入なども重要ですが、合わせて気をつけておきたいのが信用情報です。

信用情報機関には他社の借り入れ情報の他に、返済などを含めた利用履歴も登録されています。返済が遅れていたり不足での入金となると信用情報に傷が付いてしまうため、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストの審査に通らなくなってしまう可能性があります。

マイカーローン教育ローン、その他のフリーローンなどでは自分自身だけで審査通過が難しい、審査基準を満たせないといった場合には保証人を用意することで借りられる場合がありますが、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは保証会社を利用する契約となるので保証人は不要、つまり保証人を用意して借りるといったことはできません

自身の信用で審査に通過をしなければならないので、信用を落としてしまうような虚偽内容での申し込みや入力ミスなどはしないようにし、正しく正確に慎重に申し込みを進めるようにしてください。

また、他社の利用がある方で今現在の返済ができていない、過去に何らかのトラブルを起こしているといった方も審査通過が難しくなるので、金利に優れる武蔵野銀行カードローンのスマートネクストに申し込みを行う際には、自身の状況をよく確認しておくと良いでしょう。

武蔵野銀行にはスマートネクスト以外にも「シグナス」のカードローンがありますが、利用条件が非常に厳しく定められているため、カードローンの利用であれば多くの方が対象となるスマートネクストが適しています。

トップへ戻る